トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月30日 (日)

第2回「横溝正史フェア」

 映画『犬神家の一族』(1976年版)の劇場用プログラムの表紙裏に、角川書店の広告「横溝正史フェア」が載っている。「●横溝正史文庫1000万部突破記念 --- <全40冊>」というコピーが書かれており、昭和51年末の段階で緑三◯四シリーズの発行タイトルが、ちょうど40冊だったことがわかる。

92c147edf1f443bba1a1612660fb0777

 あと余談ではあるが、この広告で『犬神家の一族』については、第2バージョンの表紙絵が使われている。前々回、「005-2 犬神家の一族」という記事の中で、第2バージョンの文庫表紙が、よく似た構図の映画バージョンに切り替わった点につき、「映画の思わぬ大ヒットを受けて、急遽、映画・フェア用のイラストに合わせてカバーが差し替えられたというのが真相だったのではないか。」と書いた。というのも、第3バージョンへの切り替えが、文庫奥付の発行日を追う限り、映画公開後というタイミングだったからである。このプログラムの発行日は10月5日。映画公開が10月16日。他の文庫が表紙カバーを直接載せているにも関わらず、肝心の『犬神家』は装画をカット風に使っているだけなので確証にはならないが、もしこの時点で表紙絵が変わっていたのであれば、当然そちらを使ったであろう。ちなみに、この絵は「鮮血」入りの原画の方。>>こちらを参照

 また『八つ墓村』の場合、映画化の企画自体は『犬神家』以前からあったが、結局、市川崑版の第3作目『獄門島』の後、昭和52年10月29日にやっと公開されている(松竹)。この広告を見る限り、『八つ墓村』は 51年の暮れにはすでに新バージョンになっていることがわかる。つまりこの作の場合、カバー更新は映画化とは関係なかったことがわかる。

ニコニコカドカワフェア2018

 現在、Amazon の Kindle ストアで、「【50%OFF&1巻無料】ニコニコカドカワフェア2018」を開催中である。ということは、横溝正史作の Kindle タイトルも、なんと「半額」ということになる。しかも、デジタルながら杉本カバーがついてくる(笑)>こちら >>※このフェアーは終了しました。

 フェアの期間は、「2018年9月28日(金) 00時00分~2018年10月11日(木) 23時59分(日本時間)」とアナウンスされている。「横溝正史 角川文庫」で検索すると、横溝関係のものが93タイトル表示される。この機会に、「金田一耕助ファイル 全22冊合本版 (角川文庫)」などを手に入れておくものいいのではないだろうか。

https://amzn.to/2N8giU8

005-3 犬神家の一族

 横溝作品のカバーとしても、杉本一文氏の表装画としても、最も多くの人に知られた絵であろう。屋敷〜喪服の婦人という全体の構図は前バージョンを踏襲しているが、背景に強烈な赤色を配したことで、そのインパクトは絶大なものがある。しかも婦人の絵は、非常によく似ているが別物。なんと杉本氏は、前作を流用するのではなく、描き直していたのである。

 『八つ墓村』に始まった緑三◯四シリーズは、その後10数点の作品を加え、第1回目の「横溝正史フェア」が開かれる昭和50年までには、黒い背表紙に杉本一文氏の妖艶な装画をまとったお馴染みの装丁に統一。全国の書店の書棚で異彩を放っていくこととなる。そして翌51年の第2回「横溝正史フェア」では、この『犬神家の一族』の映画化(製作:角川春樹事務所、配給:東宝)とタイアップされ、一大横溝ブームを引き起こすことになった。テレビ、映画、レコードそして本というメディア・ミックスは、今ではあまりに当たり前のプロモーション手法と思われるかもしれないが、この時はまさに一等最初だけに絶大なインパクトがあり、その旋風はまさに社会現象にまでなったのである。この絵はその映画化・フェアに合わせて杉本氏が描き直したものであり、映画のポスターやパンフレット、フェアーのPOP、本のしおりまで幾度も転用され、子どもから大人まで誰も知らないものがないほど有名になった。やがてそれは、当該文庫の表紙になり「横溝文庫=杉本氏の装画作品」という不可分の世界を作り上げていったと言える。その意味では、極めてエポックメーキングな作であろう。

 「金田一耕助ファイル」シリーズとして改版となった折に、使われたのはこちらのバージョンであった。また、平成24年に「横溝正史生誕百十周年記念」で復刻されたのも本版であった。

※確認済みの版
39版(昭和51年12月15日発行)<<第3バージョン切り替え
45版(昭和56年6月30日発行)
49版(昭和58年6月30日発行)
52版(昭和61年3月10日発行)
53版(昭和61年11月20日発行)

005-2 犬神家の一族

 『犬神家の一族』において、2種類ある具象画バージョンは、ある種姉妹作と言えるくらい似ている。最初のものは、最上部に犬神家のお屋敷を配し、左手前に喪服を着た婦人の上半身という構図は共通。こちらのバージョンでは、バックに二人の登場人物の顔(一部)を浮かび上がらせ、色調的にはカラフルながら上品なトーンに仕上げている。なお、杉本氏の原画では、作中「スケキヨ」氏と言われている人物の左目付近から、鮮血が飛び散っている。それは文庫カバーにはない(注)。書名・作者名等の囲み罫の位置と被るための処置だろうか。

 昭和51年、本作が角川映画の第1弾として映画化された折に、次項の第3バージョンに「映画版の販促ポスターと合わせるために変更になった」というようなことが言われているが、映画の公開は同年10月16日で、下記の記録を見る限り少なくとも11月初旬までは旧バージョンも売られていたことがわかる。むしろ、映画の思わぬ大ヒットを受けて、急遽、映画・フェア用のイラストに合わせてカバーが差し替えられたというのが真相だったのではないか。ちなみに僕が確認できた第3バージョンの最も早い版は、同年12月15日発行の39版である。とはいえ、あらためて見てみると、8月の22版から11月の38版まで17版が出されていたのであり、この時期、いかに本文庫・本作品の売れ行きがすごかったかをうかがうことができる。

※確認済みの版
22版(昭和51年8月20日発行)
27版(昭和51年10月25日発行)
32版(昭和51年11月8日発行)
33版(昭和51年11月9日発行)
37版(昭和51年11月12日発行)
38版(昭和51年11月25日発行)<<第2バージョン最終

注)昭和51年の映画化にあたって、角川文庫に挟み込まれていた横溝正史フェアの小ちらしや「映画優待割引券」付きしおりにも、この第2バージョンと同じ絵が使われているが、これらにも鮮血は飛び散っている。

005-1 犬神家の一族

 『犬神家の一族』の最初のバージョンは、杉本氏が手がけた最初期のシリーズ中、水彩画風のトーンで描かれた抽象的デザインとしては最終となる。髪を逆立てた5人の若い男の顔を並べている。作中、ヒロインを巡って争う男の数は4人だったような気もするが、あと一人は? あと、注目すべきは書名が手書き文字になっていること。これは珍しい(以降では、『女王蜂』がある)。

 初版を手にしておらず、それが白背・黒背のどちらであったか僕自身は確認ができていない(ただし、こちらの「プラモマン鎌田のブログ!」では、初版から黒背であったと報告がある )。統計を取った訳ではないが、これら杉本氏の最初期シリーズでは、初版は手に入りにくいが以降の版が割と多いもの(『八つ墓村』=ただし正確には再版)と、逆に初版は比較的出るが以降の版が少ないもの(『悪魔の手毬唄』『獄門島』『悪魔が来りて笛を吹く』)とに別れるが、『犬神家の一族』は前者の傾向にあるようだ。作品の売れ具合に差があるのだろうか。いずれも映画化はまだされていない時期のカバーだが。

※確認済みの版
再版(昭和47年7月20日発行) 黒背
8版(昭和48年7月20日発行) 黒背
11版(昭和49年8月30日発行) 黒背
14版(昭和50年11月5日発行) 黒背

2018年9月29日 (土)

004-3 悪魔が来りて笛を吹く

 『悪魔が来りて笛を吹く』の3作目の表紙絵では、悪魔こそ出てこないものの、同じく金色のフルートをモチーフに使っている。背後のステンドグラスの淡い色合いや絵全体を包む背後からの光など、非常に美しい絵柄だが、やや説明的になった印象。ただし、平成24年に「横溝正史生誕百十周年記念」として、期間限定で杉本氏の「名作カバー」が復刻されたときには、こちらの装画が選ばれた(平成24年5月15日 改版29版)。

 ちなみに、東宝映画の『悪魔が来りて笛を吹く』が公開されたのは、昭和54年1月20日。前年11月にはこの新バージョンが出ていたところを見ると、やはり映画化に合わせてのカバー変更だったか。

※確認済みの版
29版(昭和53年11月10日発行)
32版(昭和54年2月5日発行)
35版(昭和54年4月30日発行)
40版(昭和58年12月20日発行)

004-2 悪魔が来りて笛を吹く

 『悪魔が来りて笛を吹く』の2バージョン目は、題名どおり!悪魔が金色のフルートを吹いている表紙カバーに変更された。こちらもきっとファンが多い装画ではないだろうか。昭和51年10月における第2回「横溝正史フェア」の広告では、すでにこのバージョンが掲載されていて、前年にはカバー変更が済んでいた。

 ちなみに平成8年に「金田一耕助ファイル」シリーズとして改版となり、そこで使われたのもこの悪魔バージョンであった。

※確認済みの版
10版(昭和50年7月30日発行)
14版(昭和50年12月10日発行)
17版(昭和51年10月20日発行)
24版(昭和52年5月10日発行)
25版(昭和52年5月20日発行)
26版(昭和52年6月10日発行)

004-1 悪魔が来りて笛を吹く

 シリーズの第4作目は、『悪魔が来りて笛を吹く』で、こちらも3バージョンある。初版に由来する白背バージョンは、右半身男・左半身女という奇妙な人物が、カラフルな色合いで描かれている。こちらで使われたのは、これまでの3作の水彩絵具ではなく、アクリル絵具だという。

 ただし、本作の白背は、発送部数自体がこれまでの3作以上に少ないのではないか。なので、それなりの支出を覚悟しなければならない(3千円以上が普通)。ちなみに黒背の商品もあって、ネット上で写真は何度か見かけたことがあるのだが、版数はわかっていない。る(平成30年10月確認)。

※確認済みの版
初版(昭和47年2月20日発行) 白背
再版(昭和47年4月10日発行) 白背
7版(昭和48年12月20日発行) 黒背

003-3 獄門島

 緑三〇四シリーズにおける『獄門島』の最終バージョンである。同じ海の青をバックに、人物(こちらは女性)の横顔を上に配している点では、一つ前のものと全体の構図設計はよく似ている。が、こちらは逆さ吊りされた娘の死体が着ている振袖、そして地面に見立てた地色のピンクが、より夢幻的な雰囲気を作り出している。ぜひ集めたい傑作表紙の一つだろう。

 ちなみにこの装画は、映画『獄門島』(東宝)のポスター・ちらし等にも使われている。その映画の公開は、昭和52年8月27日。下記のとおり8月5日発行の36版では最終バージョンに変わっているので、映画公開絡みの表紙変更だったと想像される。

 また、平成8年に「金田一耕助ファイル」シリーズとして改版となり、そこで使われたのもこちらのバージョン。さらにまた、平成24年に「横溝正史生誕百十周年記念」で復刻されたのも本版であった。

※確認済みの版
36版(昭和52年8月5日発行)
39版(昭和52年8月20日発行)

003-2 獄門島

 『獄門島』の具象画バージョンは2種ある。最初のものは、獄門島が浮かぶ瀬戸内海の暗い海の青を基調として、上部に人物(男性)の横顔を配したデザイン。やや暗めだが、物語自体の心象をよく伝えている。昭和50年8月30日発行の角川文庫『魔女の暦』に挟み込まれた「500万部突破記念 横溝正史フェア」のミニ・リーフレットが手元にあるが、そこでもこの『獄門島』第2バージョンの装画が使われている。下記の版情報と合わせて見る限り、この年にはカバー変更が済んでいたと思われる。

※確認済みの版
13版(昭和50年7月30日発行)<<第2バージョン切り替え
19版(昭和51年3月30日発行)
22版(昭和51年10月10日発行)
23版(昭和51年10月20日発行)
24版(昭和51年10月30日発行)
25版(昭和51年12月10日発行)
30版(昭和52年5月10日発行)
31版(昭和52年5月20日発行)
32版(昭和52年6月30日発行)

003-1 獄門島

 純粋に推理小説として見た場合、この『獄門島』は最右翼に挙げられる出来だろう。横溝氏本人選、ベストテン企画を問わず、必ず最上位に上がってくる名作だ。3人の女性の裸体が、上部で横一線の髪でつながったデザイン画風の絵だが、普通、この3人は小説に登場する鬼頭家の三人娘、月代・雪枝・花子の三姉妹をモチーフとしているように思われている。しかし、実は既存の(自費出版の画集)からの転用だったというから驚きだ(「初公開! 杉本一文の表紙絵の秘密とは? 横溝正史×杉本一文 ─黒枠の中に何があるのか」元木友平氏、『金田一耕助自由研究 創刊準備号』 神保町横溝倶楽部・編)。また、この作以降、先行の『八つ墓村』『悪魔の手毬唄』の白背バージョンと比べると、背に記されたタイトル・作者名の文字ポイントが小さめになっていて、並べるとデザイン的にスマートに見える。

  この杉本初期バージョンは、やはりやや珍しいようであまり数は出ない。こちらも黒背あり。

※確認済みの版
初版(昭和46年10月30日発行) 白背
再版(昭和47年1月30日発行) 白背
11版(昭和49年8月30日発行) 黒背
12版(昭和49年12月30日発行) 黒背 <<第1バーション最終

002-2 悪魔の手毬唄

 『悪魔の手毬唄』の杉本後期バージョン。手毬を持つ幼女の人形のイラストは、怖さ満点である。この手毬人形の絵は、東宝で映画化された折にチラシからチケットに至るまで徹底的に使われ、大いに世間に出回った。装画自体のインパクトとしては、これに勝るものはないくらいの傑作。ただし、問題はいつからこのバージョンの表紙になったか、ということ。同名映画の公開は昭和52年4月2日。この装画の場合は、映画の公開以前、少なくとも昭和52年年初から出ていた。その装画があまりにインパクトがあるので、映画の販促にも使ったのか。

また、平成8年に「金田一耕助ファイル」シリーズとして改版となり、ここにも同装画が、短冊形に切り抜かれて使われている。さらにまた、平成24年に「横溝正史生誕百十周年記念」で復刻されたのも本版であった。

※確認済みの版
25版(昭和52年1月30日発行)
27版(昭和52年3月20日発行)
28版(昭和52年3月25日発行)
29版(昭和52年4月10日発行)
33版(昭和52年6月30日発行)
42版(昭和58年4月30日発行)

002-1 悪魔の手毬唄

 シリーズ2作目は、名作『悪魔の手毬唄』である。昭和46年7月10日初版。腰上でつながった女性の二人の身体が垂直に描かれている大胆な構図で、髪の色だけ緑と紫を配したモノトーン調のデザインが逆に斬新である。こちらも初版は白背だが、のちに黒背バージョンも出た。オークション等でもあまり多くは出ない方で、3千円程度で取り引きされているようだ。

※確認済みの版
初版(昭和46年7月10日発行) 白背
再版(昭和46年9月30日発行) 白背
4版(昭和47年2月20日発行) 白背
7版(昭和47年12月30日発行) 黒背
15版(昭和50年10月30日発行) 黒背

001-3 八つ墓村

 こちらは、初期の鬼火バージョンから一転、物語に即した具象的な表装画になった。鎧の紐の色、老婆の顔の皺・後れ毛・着物の柄などディテールの一つひとつ克明に描きこまれたその表現技法は、代表作というにふさわしい。蝙蝠は背表紙にまで翔んでいる。昭和51年10月における第2回「横溝正史フェア」の広告では、すでにこのバージョンの表紙が掲載されている。前年の昭和50年には出ていたと思われる。作者や編集部が余程気に入っていたのだろう。その後、かなり後期まで使われていたようだ。「よ5-1」とシリーズ名が変わった後も、平成8年8月10日発行の68版まで同じ表紙絵だったと思われる(ただし、この「よ5-1」では背表紙は白地にバーコード、値段等のみ記述)。いずれにせよこのシリーズの中でも、一番多く目にする杉本氏の作品の一つであろう。

 こちらも緑三〇四シリーズではないが、平成8年に「金田一耕助ファイル」シリーズとして改版となり、ここにも同装画が、短冊形に切り抜かれて使われている。さらにまた、平成24年に「横溝正史生誕百十周年記念」で復刻されたのも本版であった。

※確認済みの版
20版(昭和50年10月20日発行)
30版(昭和51年10月20日発行)
33版(昭和51年11月6日発行)
35版(昭和51年12月10日発行)
40版(昭和52年5月30日発行)
41版(昭和52年6月30日発行)
43版(昭和52年8月15日発行)

001-2 八つ墓村

 緑三〇四シリーズの記念すべき第一作。ただし、この作の初版(昭和46年4月30日発行)は、おなじみの杉本一文氏のものではなく、河野通泰氏による漫画風のイラストを纏った文庫であった。

「どうやれば人の目を引くかを考え、文庫にカバーをつけるということを始めたのは、私なんですが、初版の表紙は人任せにしてしまって、その表紙が非常におどろおどろしく、気になってしかたなかった。(『真山仁が語る横溝正史 私のこだわり人物伝』角川文庫)

 しかも角川春樹氏は、「作家の単一作品を売るのではなく、作家全体、作品全体をトータルに演出し、プロモーションする」という当時としては画期的な考えを持っていた。そこで、同じ年に出された再版(2版)で早速、カバー自体を変えることとなり、自費出版された画集を見て注目していたある新人イラストレーターに白羽の矢を立てた。これが、「杉本一文」が横溝作品と出会った瞬間であった。「横溝シリーズは全て任せることにしました(角川春樹氏)。」

 結局、再版では、黒枠に囲まれた白い背景に、虹色の鬼火が複数燃え上がるアーティスティックなデザインが選ばれている。水彩絵具等を使っているようで、のちに杉本氏が手がけていく写実的な装画とは若干雰囲気が違う。また初期の「白背」が、途中でシリーズ統一の「黒背」に変えられている※。なので、この鬼火バーションにも、厳密には2種あることになる。

 一方、文庫の裏表紙だが、こちらは表紙の作品名、作者名、文庫名=「角川文庫」を載せた「囲み罫」から文字を抜き、そのまま左右反転したものを配している。これは珍しくも斬新なデザインで、以下、後年のジュブナイルに至るまで踏襲されていくことになる。

※確認済みの版
3版(昭和46年8月30日発行) 白背
4版(昭和46年9月30日発行) 白背
9版(昭和47年12月30日発行) 黒背
11版(昭和48年2月25日発行) 黒背
17版(昭和49年11月30日発行) 黒背

2018年9月27日 (木)

このブログについて

 角川文庫の「緑三〇四」シリーズのうち、杉本一文氏の表紙画を纏った文庫を集めるための情報を発信します。主に、版数によるイラストや版型の違いについて記載しています。

  アマゾンのマーケットプレイスや古書店サイト、オークション等で、皆さんが求める本を探すときの参考になれば、幸いです。

※このブログでは、イラストの著作権に配慮するため、アマゾンの商品画像にリンクを貼っています。ただし、そのリンク先で購入できる商品が、記事で指定する表紙画であることは意味しておりません。購入の際は、商品表記や版数等を十分ご確認ください。

トップページ | 2018年10月 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のコメント

最近のトラックバック

筆者の運営サイト

無料ブログはココログ