金田一耕助ファイル

2018年11月11日 (日)

043-2(番外編) 首

 前項の『悪魔の花嫁』が、平成8年、角川文庫の横溝作品が「金田一耕助ファイル」シリーズとして改版された折に、『首』と改題されて組み入れられた文庫(ファイル11)。しかも、新表紙!「金田一耕助ファイル」シリーズで収録作品を変えずに新しく表紙を与えられたものは、本作を入れて3作品4点のみ(注)。ちなみに『首』は、『悪魔の花嫁』を「改題」したとの扱いであるが、収録順は「生ける死仮面」「花園の悪魔」「蝋美人」「首」の順に変えられている。

 表題作の「首」は岡山もの。「大阪の方に事件があって、その調査を依頼された金田一耕助が思いのほか事件がはやく片付いたので」、磯川警部に誘われて岡山県のひなびた湯治場を訪れたときに巻き込まれた猟奇的な殺人を扱っている。杉本氏がこのファイルシリーズのために書いた表紙画は、滝の途中に突き出た獄門岩に載せられた生首が、紅葉と血の色に彩られて?、一種、異様な雰囲気を漂わせている。加えて、平成24年に「横溝正史生誕百十周年記念」で復刻された折には、こちらの『020-2(番外編) 人面瘡』同様、ファイルシリーズの小さな短冊サイズの絵から、文庫前面フルサイズの装幀に拡大された。ファイル版『人面瘡』の表紙も怖かったが、こちらのファイル版『首』も正視できない方は多いのではないか。

 ちなみに「首」は、「キング」昭和24年7月増刊号に掲載された「悪霊」という先行作を、金田一ものに改作した作品。この元稿は、出版芸術社・刊の『聖女の首 (横溝正史探偵小説コレクション) 』で読むことができる。

※確認済みの版
改版初版(平成8年9月25日発行)<黒背 よ 5-984
参考 23版(平成24年5月15日発行)<「横溝正史生誕百十周年記念」復刻

(注)本作のほかには、012-3『悪魔の寵児』、『悪霊島(上)』、『悪霊島(下)』があった。

2018年10月20日 (土)

020-2(番外編) 人面瘡

 平成8年、角川文庫の横溝作品が「金田一耕助ファイル」シリーズとして改版された折に、「緑三◯四」シリーズの『不死蝶』に収められた中編「人面瘡」に、「睡れる花嫁」「湖泥」「蜃気楼島の情熱」「蝙蝠と蛞蝓」を加え再編集された新文庫(ファイル6)。「金田一耕助ファイル」シリーズで新表紙を与えられたものは他にもあるが、こうした再編処置は後にも先にもこの1冊があるのみだ(注)。

「睡れる花嫁」<<『華やかな野獣』所収
「湖泥」<<「<030-1貸しボート十三号』所収
「蜃気楼島の情熱」<<「017 びっくり箱殺人事件」所収
「蝙蝠と蛞蝓」<<『死神の矢』所収
「人面瘡」<<「020-1 不死蝶」所収

 このファイル版の表紙絵を、怖くてまともに正視できない人は多いのではないか(うちの細君がまさにそう)。加えて、平成24年に「横溝正史生誕百十周年記念」で復刻された折には、ファイルシリーズの小さな短冊サイズの絵から、何と文庫前面フルサイズの装幀に拡大された。これはまさに「禁じ手」では?(笑)。

※確認済みの版
初版(平成8年9月25日発行)<黒背 よ 5-49
4版(平成9年4月20日発行)<白背 よ 5-6
8版(平成10年11月15日発行)<同上
参考 28版(平成24年5月15日発行)<「横溝正史生誕百十周年記念」復刻

(注)「角川ホラー文庫」においては、『トランプ台上の首』というタイトルで横溝氏の編集ものが出たことがある。「トランプ台上の首」「貸しボート十三号」のほか、エッセイ「探偵小説講座」を収めている。

2018年10月 7日 (日)

012-3(番外編) 悪魔の寵児

 本来、このバージョンは「緑三◯四」シリーズではないため、このブログの担当外のはず。だが、平成8年に「金田一耕助ファイル」シリーズとして改版された折に、4作品・5点のみ新しい装画を杉本一文氏が書き直した。その中の貴重な一冊がこの文庫であった。このシリーズは、表紙全体が黒地。その上に「金田一耕助ファイル」の文字とファイルナンバー、作品名の入った囲み罫を右上に、短冊型の装画を左上に配した共通デザインになっている。絵自体は当然、これまでのシリーズとは小さめになる(表紙面積の3分の1程度)。ファイルナンバー15の『悪魔の寵児』の場合、和服の女性の死体が上中部の背景に描かれ、その手前に雪の上に佇む黒眼鏡&マスク姿の男の全身像を置いている。従前よりやや縦長のフォーマットをうまく活かしている構図だ。全体に若干ぼかしを入れ、しっとりとした雰囲気を持つ後期様式の絵ということになろう。

 平成になってからの新しい改版バージョンなので、簡単にコレクションできると思いきや、意外に手に入りにくい。僕も最後まで手こずったが、新保町の「@ワンダー」さんの店頭でやっと見つけた。楽天などのネットショップには、この版の表紙を掲載し「【中古】 悪魔の寵児 改版 」等と銘打った商品が複数出品されているが、その多くで「版の違い」「表紙の違い」は保証されていない。商品が送られてくるまでは、どの版が届くかはわからない場合もあるので注意が必要だ(明確に画像違いの場合は、返品可能とショップは言っているが)。

※確認済みの版
改版初版(平成8年9月25日発行)

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のコメント

最近のトラックバック

筆者の運営サイト

無料ブログはココログ