No.41−50

2018年11月11日 (日)

043-2(番外編) 首

 前項の『悪魔の花嫁』が、平成8年、角川文庫の横溝作品が「金田一耕助ファイル」シリーズとして改版された折に、『首』と改題されて組み入れられた文庫(ファイル11)。しかも、新表紙!「金田一耕助ファイル」シリーズで収録作品を変えずに新しく表紙を与えられたものは、本作を入れて3作品4点のみ(注)。ちなみに『首』は、『悪魔の花嫁』を「改題」したとの扱いであるが、収録順は「生ける死仮面」「花園の悪魔」「蝋美人」「首」の順に変えられている。

 表題作の「首」は岡山もの。「大阪の方に事件があって、その調査を依頼された金田一耕助が思いのほか事件がはやく片付いたので」、磯川警部に誘われて岡山県のひなびた湯治場を訪れたときに巻き込まれた猟奇的な殺人を扱っている。杉本氏がこのファイルシリーズのために書いた表紙画は、滝の途中に突き出た獄門岩に載せられた生首が、紅葉と血の色に彩られて?、一種、異様な雰囲気を漂わせている。加えて、平成24年に「横溝正史生誕百十周年記念」で復刻された折には、こちらの『020-2(番外編) 人面瘡』同様、ファイルシリーズの小さな短冊サイズの絵から、文庫前面フルサイズの装幀に拡大された。ファイル版『人面瘡』の表紙も怖かったが、こちらのファイル版『首』も正視できない方は多いのではないか。

 ちなみに「首」は、「キング」昭和24年7月増刊号に掲載された「悪霊」という先行作を、金田一ものに改作した作品。この元稿は、出版芸術社・刊の『聖女の首 (横溝正史探偵小説コレクション) 』で読むことができる。

※確認済みの版
改版初版(平成8年9月25日発行)<黒背 よ 5-984
参考 23版(平成24年5月15日発行)<「横溝正史生誕百十周年記念」復刻

(注)本作のほかには、012-3『悪魔の寵児』、『悪霊島(上)』、『悪霊島(下)』があった。

043-1 花園の悪魔

 『花園の悪魔』は、同名の短編を含む金田一耕助ものの中短編集。杉本氏の表紙画は、その表題作をモチーフにしていて、花壇の中に全裸で置かれた女性の上半身を描いている。右手前にかけて白くぼかしが入り、早朝の薄霧の中にいるような雰囲気が出ている。他に「蠟美人」「生ける死仮面」「首」の3編を収める。

 巻末の中編「首」は、平成8年に『首』という独立した中短編集の表題作となっている。>>「043-2(番外編) 首」

※確認済みの版
初版(昭和51年11月10日発行)
4版(昭和51年12月20日発行)
6版(昭和52年8月30日発行)
11版(昭和55年10月30日発行)
16版(昭和59年6月30日発行)

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のコメント

最近のトラックバック

筆者の運営サイト

無料ブログはココログ