« Editio Critica Maior | トップページ | IGNTPのElectronic Edition »

2006/11/28

版の問題

 田川氏の『書物としての新約聖書』の第3章「新約聖書の写本」について、ぽつぽつと書いている。この第3章は、第4章「新約聖書の翻訳」とかに較べてもはっきり地味な分野だし、まあ僕の発言を読んでひとりでもふたりでも田川氏の本を意識的に再読していただければ本望、といったくらいの気持ちでこれからも時々思い出したように書いていこうと思う。

 今回は田川氏の本に引用される洋書、例えば UBS や A Textual Commentary on the Greek New Testament 等の版の問題についてだが、どうやら田川氏はこの種の洋書を読むときその本の最新版が出ても買い直さない主義らしいので (^^)、これから自分で最新版を読む(とか買うとかいう)読者にとっては、いろいろややこしい点もあるようだ。例えば、p.412にはこのコメンタリーについて

「(B.M.Metzger, A Textual Commentary on the Greek New Testament,3rd ed.,1971。これももっと新しい版が出ているはずである)。」

との注記がある。ここでいう「新しい版」というのは、1994年に出た第2版をさしている(上記の田川氏の引用で、「3rd ed.」とあるのは、親本が「 the Greek New Testament 」= USB の3版という意味でこう記したつもりだろう。1971年に出たのは、コメンタリーの初版= 1st ed. である)。さらに読んでいけば、次のページ(p.413)には、マルコ1.41の個所の異読について触れられている箇所がある。UBS やコメンタリーの場合、挙げられた異読のそれぞれについて、本文に採用した読みの「確かさの度合い=A~D」が示されているのが特徴だ(ネストレにはない)。このマルコ1.41の個所では、確かさの「等級はDに分類されている」と田川氏は書いている。ちなみにこれは、UBS3 およびそれに準拠したコメンタリー第1版の当該個所の確かさであり、実は UBS4 とコメンタリーの第2版では、マルコ1.41の異読の判定は等級Bに変更されているから、ちょっと注意が必要なところ。田川氏は、他の個所(p.472)では UBS4 について触れているので、こちらはどうやら買い直したようだ。でも、p.414でももう一度「1.41をDにしたなら」と書いているので、ここは明らかに何か理由があって UBS3 の方を引用している。どうしてだかは、僕にはわからないけれど。
 
 さらに、例えばこんなところ。p.424のシナイ写本の解説では、同写本の修正の段階を表した記号が、ネストレ(* 1 2 c)と「UBS」(* a b c)とでは違っているとし、「同じ編集者たちの仕事なんだから、統一してくれればいいのに面倒な。」っていう悪口を書いている個所があって、これは UBS4 ではすでに同じ表記(* 1 2 c)になっている。それならそれでちゃんと「旧版の UBS3 について言ってる」って書けばすむのに・・・と思うのは僕だけだろうか。(以下、この件に関しては次回に)

|

« Editio Critica Maior | トップページ | IGNTPのElectronic Edition »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186384/12856855

この記事へのトラックバック一覧です: 版の問題:

« Editio Critica Maior | トップページ | IGNTPのElectronic Edition »