« 『新改訳2017』の公同書簡(その6) | トップページ | 『聖書協会共同訳』の公同書簡(その2) »

2018/12/14

『聖書協会共同訳』の公同書簡(その1)

 昨日、書店から『聖書 聖書協会共同訳 旧約聖書続編付き 引照・注付き』(日本聖書協会・刊)が届いた。本文は二段組。脚注として引照や訳注がつくのは『新改訳2017』と同じだが、上記脚注も二段になっている。すっきりしているのは「新改訳」の方だが、「聖書協会共同訳」はその分、訳注等は多めのように見える。無論これは歓迎できることだが、「新改訳」の欄外注は一つひとつに章節番号が付いているのに対し、「聖書協会共同訳」は「a b c・・・」表記。その文字は、本文中にごくごく小さなポイントで記されていて、訳注から当該箇所を探し出すには結構、骨が折れる。訳注の「異読」「別訳」等の記述から章句を引くなどということは、僕のような者しかしない、と言われれば、そうかもしれないのだが・・・。

 ということで、気を取り直して(笑)、公同書簡の異同箇所を見て行こう。まずは、ヤコブ書から。

●1:20 人の怒りは神の義を実現しないからです。(聖書協会共同訳)

 こちらは「新改訳」について書いた記事ではあえて触れなかったが、実はネストレ26/27版から28版に変わるときに改訂があった箇所。前者では、神の義を「行わない(働かない) ouk ergazetai」としているのに対し、後者は、神の義を「実現しない ou katergazetai」に変更された。実は、「新改訳2017」も「実現しないのです。」との訳。ならばネストレ28版どおりと言いたいところだが、「ouk ergazetai」とのギリシャ語本文を訳していると思われる「新改訳旧版」も「実現するものではありません。」となっていた(なので、訳の変更があったかどうかがわからない)。実は、口語訳も「全うするものではないからである。」との訳であり、これについて田川建三氏などは「しかし原文にはどこにも「全うする」などという動詞は用いられていない。「行なう」と「全うする」ではまるで意味が違う。「全うする」となったら、それにかかわるすべてを尽くすのでなければならない。まさかね。そんな、嘘みたいにおこがましい。人間が「神の義」のすべてを尽くすことなぞ、できるわけがないではないか。口語訳は非常に多くの場合不必要に強調しすぎる欠点があるが、ここではそれが露骨に珍訳を生みだしてしまった。新共同訳の「実現する」、岩波訳の「成し遂げる」も原文を訳したというよりは口語訳を言い換えただけ。あんたら、どうしてそこまで思い上がることができるのだ。(『新約聖書 訳と註6』)」という解説を付けていた。口語訳等の訳者が思い上がってそういう訳を付けたかどうかは知らないが、田川氏はここではネストレ28版が採用した「実現しない ou katergazetai」という異読の有無については沈黙している。なぜか? 話を「聖書協会共同訳」に戻そう。上記のように今回は「実現しないからです。」と訳していて、訳注の「異読」の方に「なさない」を置いている。この「なさない」は、おそらく「ouk ergazetai」の訳。なので、今回の「実現しない」こそは、USB5=ネストレ28版の「ou katergazetai」の訳だということが言えるだろう。

●1:21 それゆえ、あらゆる汚れや甚だしい悪を捨て去り、植え付けられた御言葉を謙虚に受け入れなさい。みことばは、あなたがたのたましいを救うことができます。(聖書協会共同訳)

 ここは「新改訳2017」(あるいは「口語訳」「新改訳旧版」)同様、USB5=ネストレ28版で示された読みを採用。「素直に(謙虚に)」を「捨て去り」にかける「新共同訳」の読みを更新した。>>詳しい解説は、こちら

●ヤコブ書2:3節 きらびやかな服を着た人に目を留めて、「どうぞ、あなたはこちらにお座りください」と言い、貧しい人には、「あなたは、立っているか、そちらで私の足元に座るかしていなさい」と言うなら、
2:4 あなたがたは、自分たちの中で差別をし、悪い考えに基づいて裁く者となったのではありませんか。(聖書協会共同訳)

 この箇所も「新改訳2017」同様、USB5=ネストレ28版の読みを採用。「新共同訳」の「そこに立っているか、」を更新した。ちなみに、ネストレ旧版による口語訳も「そこに立っていなさい。それとも、」であったので、この読みは新しく響く。>>詳しい解説は、こちら。ただし、4節冒頭に加わった「kai」は訳出されていない。

|

« 『新改訳2017』の公同書簡(その6) | トップページ | 『聖書協会共同訳』の公同書簡(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『聖書協会共同訳』の公同書簡(その1):

« 『新改訳2017』の公同書簡(その6) | トップページ | 『聖書協会共同訳』の公同書簡(その2) »