2017年12月 7日 (木)

1967年のマーラー・ツィクルス(その1)

 グスタフ・マーラーの作品受容において重要なきっかけとなった機会として、作曲家・音楽学者の柴田南雄氏が著書『グスタフ・マ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 4日 (月)

バルビローリのマーラー演奏まとめ(その2)

7 交響曲第7番 16)ハレ管弦楽団 、 BBCノーザン交響楽団の合同演奏 1960年 ※BBC レジェンド・シリーズで...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月27日 (月)

バルビローリのマーラー演奏まとめ(その1)

 「マーラー指揮者」と言われる人は、バーンスタインやアバド、テンシュテット、ハイティンクを始め何人か挙げられると思う。が...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月11日 (土)

ウィーン・フィルによるマーラー交響曲全集(その2)

 前回の続きで、後半の5曲・6バージョンを選ぶ。 ●第7番 マゼール指揮、1984年録音 ※この記事の一つの肝は、マゼー...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 5日 (日)

ウィーン・フィルによるマーラー交響曲全集(その1)

 少し前に、ベルリン・フィルを起用したグスタフ・マーラーの交響曲全集がないという事実を受けて、仮想の交響曲全集を作る「ベ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月25日 (水)

カラヤンの『フーガの技法』

 カラヤンも没後28年目ともなると、さすがに初出録音が発売されることは少なくなった。この2016年に出たこのCDは、その...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月18日 (水)

「トルコ行進曲付き」の新版2つ

 2014年にハンガリーで発見されたモーツァルトの『ピアノ・ソナタイ長調 K.331(300i)』(トルコ行進曲付き)の...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 4日 (土)

2016年まとめ

 つい先日、お正月を祝ったばかりと思っていたら、早くも2月。遅ればせながら2016年のまとめをしていなかったと思い立ち、...

» 続きを読む

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2016年12月 3日 (土)

モーツァルト・秋の新譜から

 2016年秋は、モーツァルト・ファンにとって喜びの季節となった。なんとなれば、モーツァルトの注目すべき全集や大曲が重な...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月30日 (水)

『メサイア』でマリナーを偲ぶ

 今年も明日で師走。自分もそういう年齢になったせいか、近年、演奏家の訃報ばかり目につくようになった。ちょうど前世紀の後半...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月23日 (水)

ケルビーノの第3幕のアリエッタ

 「モーバリ・レイバーン仮説(その3)」の記事で紹介したケルビーノの第3幕の!「アリエッタ」について、書いてみたい。例に...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月21日 (月)

クルレンツィスの『ドン・ジョヴァンニ』

 本日、以前ネットで予約しておいたテオドール・クルレンツィスの『ドン・ジョヴァンニ』が届いた。さっそくリビングのCDデッ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

訂正とお詫び(「パルピト」?「パールピト」?記事について)

※2016年10月28日付けの『「パルピト」?「パールピト」?』と題した記事について、訂正とお詫び>>元記事はこちら ※...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月20日 (日)

モーバリ・レイバーン仮説(その3)

 前回、前々回に紹介したモーバリ・レイバーン仮説のその後について。  1970年代にカラヤン/ポネルの一連の上演・録音で...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月16日 (水)

モーバリ・レイバーン仮説(その2)

 前回ご紹介した「モーバリ・レイバーン仮説」に関する記事の続き。ロバート・モーバリとクリストファー・レイバーンが、「フィ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月15日 (火)

モーバリ・レイバーン仮説(その1)

 1980年11月、ウィーン国立歌劇場の初来日公演で、往年の名指揮者カール・べームはモーツァルトの傑作『フィガロの結婚』...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月28日 (金)

「パルピト」?「パールピト」?(訂正版)

 先日の記事で、モーツァルトの歌劇『フィガロの結婚』について、オペラ研究家の岸純信氏によるこのような言及を紹介した。 「...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月27日 (木)

伯爵夫人とスザンナ(その5)

 先日の発言の続き。  『レコード芸術』2016年11月号で、オペラ研究家の岸純信氏が、1980年11月、ウィーン国立歌...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月26日 (水)

伯爵夫人とスザンナ(その4)

 すでに数年前のことになるが、『フィガロの結婚』第2幕の第14曲・テルツェットにおける伯爵夫人とスザンナの声楽パートが、...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月11日 (日)

2016年のタケミツ

 本日は、毎年地元で行われている音楽祭の最終日。マチネーで武満徹の「没後20周年記念」と題されたコンサートが行われたので...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 5日 (日)

ウラニア盤のないウラニア盤紹介(その4)

 この記事の(その1)、(その2)では、「ウラニア」盤の復刻LPのうち、最初期に出たユニコーン盤、ターンナバウト盤を紹介...

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年5月29日 (日)

ウラニア盤のないウラニア盤紹介(その3)

 この項の(その1)で、学生時代に友人のN君宅で、初めて「ウラニア」盤なるものを聴いたという思い出話を書いた。では、それ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月26日 (木)

ウラニア盤のないウラニア盤紹介(その2)

 先日、「ウラニア」盤と同じくフルトヴェングラーの1944年12月ウィーンでの「英雄」の演奏を収めたユニコーン盤を紹介し...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月18日 (水)

「トルコ行進曲付き」の全音版・新版

 Twitter では予告しておいたのだが、全音楽譜出版社からK.331「トルコ行進曲付き」の新版が出た。つい先日、20...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月17日 (火)

江黒真弓 (フォルテピアノ)の「トルコ行進曲付き」を聴く

 2014年秋に、ハンガリーで発見されたモーツァルトのピアノ・ソナタイ長調 K.311の自筆譜(部分)については、このサ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ウラニア盤のないウラニア盤紹介(その1)