2022年4月16日 (土)

「ウポポ」とはどういう音楽か?

 「土曜日の朝は、FM日和」。家事をこなしながら、あるいは仕事等で移動の途中、NHK-FM をずっと流している。番組的に...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022年3月 2日 (水)

板起こしで聴くメロディア盤のフルトヴェングラー (その9・シューベルト9)

 シューベルトの交響曲第9番(第7番)『グレイト』も、フルトヴェングラーの得意な曲の一つで、後年、一段と円熟したスタジオ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022年2月19日 (土)

板起こしで聴くメロディア盤のフルトヴェングラー (その8・ベートーヴェン9続き)

 さて、今回は前回の続きで「ベルリンの第九」の真正メロディア盤を聴いていく。以下の写真は GOST61 のアプレレフカ(...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022年2月12日 (土)

板起こしで聴くメロディア盤のフルトヴェングラー (その7・ベートーヴェン9のプリ・メロディア盤)

 フルトヴェングラーと言えば、「第九」。「第九」と言えば、フルトヴェングラー。という具合で、この巨匠の数ある同曲演奏はあ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022年2月 3日 (木)

板起こしで聴くメロディア盤のフルトヴェングラー (その6・ブラームス4)

 最初にフルトヴェングラーのこのブラームス第4番の戦中ライヴ盤を聴いたときは、驚いた。第1楽章の提示部の途中で、どんどん...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022年1月30日 (日)

板起こしで聴くメロディア盤のフルトヴェングラー (その5・ベートーヴェン5続き)

 前回の続き。無論、この交響曲第5番の1943年録音にも、GOST61 以降のいわゆるメロディア社になってからの諸盤があ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022年1月29日 (土)

板起こしで聴くメロディア盤のフルトヴェングラー (その4・ベートーヴェン5のプリ・メロディア盤)

 今回取り上げるのは、ベートーヴェンの交響曲第5番。フルトヴェングラーのベートーヴェン演奏の中でも本命中の本命である。1...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022年1月26日 (水)

板起こしで聴くメロディア盤のフルトヴェングラー (その3・ベートーヴェン6)

 前回のベートーヴェン交響曲第7番に続き、第6番『田園』を取り上げる。フルトヴェングラーのベートーヴェンと言えば、3、5...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022年1月23日 (日)

板起こしで聴くメロディア盤のフルトヴェングラー (その2・ベートーヴェン7のVSG盤)

 この「第7番」のレコードの青レーベルには、マニアの間で「VSG盤」と言われ、特に珍重されているタイプのものもある。この...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022年1月15日 (土)

板起こしで聴くメロディア盤のフルトヴェングラー (その1・ベートーヴェン7)

 フルトヴェングラーの数多い録音の中でも、第二次世界大戦中の一連の録音の中に、最も彼らしい本領を見る人は多いだろう。今で...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年12月 2日 (木)

「バイロイトの第九」の新音源!登場(その4)

 ネットショップで注文を出しておいた BIS 盤の「バイロイトの第九」がようやく届いた。予想どおり、中継元のバイエルン放...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年10月29日 (金)

「バイロイトの第九」の新音源!登場(その3)

 2回にわたって、「バイロイトの第九」の既存音源である EMI 盤およびセンター盤について、これまで判明している音響的事...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年10月26日 (火)

「バイロイトの第九」の新音源!登場(その2)

B センター盤の編集箇所 前回は EMI 盤の編集箇所について述べたが、今回はセンター盤(Orfeo 盤)の編集箇所につ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年10月24日 (日)

「バイロイトの第九」の新音源!登場(その1)

 「バイロイトの第九」と言えば、このブログをお読みになっておられる方には、説明不要の名盤だろう。僕の子どもの頃から、ベー...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年6月26日 (土)

ワルターのウィーン盤《田園》のピッチについて

 先日の記事「ウラニア盤のないウラニア盤紹介(その5)」で、フルトヴェングラーの「ウラニアのエロイカ」盤は、約半音ほどピ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年5月22日 (土)

ウラニア盤のないウラニア盤紹介(その5)

 ちょうど5年前の5月、「ウラニア盤のないウラニア盤紹介」というシリーズ記事を4回にわたって書いた。これはフルトヴェング...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年5月 1日 (土)

リパッティの『ワルツ集』は1947年に録音されたか?(その2)

 前回の(その1)の続き、である。ひょんなことから、音楽評論家の竹内貴久雄氏が唱えられているリパッティの「ワルツ集(全1...

» 続きを読む

| | コメント (4)

2021年4月30日 (金)

リパッティの『ワルツ集』は1947年に録音されたか?(その1)

 とあるサイトで、「1950 プラード音楽祭」におけるカザルスのバッハ:チェロ・ソナタ集(Sony)について書いたところ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年3月 9日 (火)

1967年のマーラー・ツィクルス(補遺・サヴァリッシュ4)

 先週、本ブログの「1967年のマーラー・ツィクルス(補遺・サヴァリッシュ3)」という2019年4月の記事に、horie...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年2月28日 (日)

2020年まとめ

 かなり以前の話で恐縮だが、『モーストリー・クラシック』誌の2012年1月号の特集記事は、「ベートーヴェン格付け! 第九...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年12月 5日 (土)

モーツァルト・イン・バスルーム

 先週、隣町のBOOKOFFに立ち寄ったところ、田舎にしては珍しくクラシックのボックス物のワゴンセールをやっていた。どな...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年5月19日 (火)

モーツァルトはさいころ遊びをするか?(その3)

 この項の(その1)、(その2)では、モーツァルトの「さいころ遊び」と言われている曲のうち、偽作 K.Anh.294d ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年5月18日 (月)

モーツァルトはさいころ遊びをするか?(その2)

 昨日の記事では、偽作とされるモーツァルトの「さいころ遊び」について、2種類の楽譜を紹介した。今回は、真作 K.516f...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年5月17日 (日)

モーツァルトはさいころ遊びをするか?(その1)

 モーツァルトのことについて書かれた本は、専門的な音楽書ももちろん多く出されているが、より一般向けの「ゼロからわかるモー...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年5月12日 (火)

ジングシュピール『慈悲深い托鉢僧』(その11)

 ジングシュピール『慈悲深い托鉢僧、または鈴飾りの頭巾』を紹介する記事の最終回。第3幕の大詰め。  再びところ変わって、...

» 続きを読む

| | コメント (0)

«ジングシュピール『慈悲深い托鉢僧』(その10)