« ザンクト・フローリアンの朝比奈隆 | トップページ | 新時代の歌姫 -- ラケル・アンドゥエサ »

2016年3月25日 (金)

カラヤンの時代

 先日、このブログで前世紀終わりから今世紀初頭の時代について「アーノンクールの時代」だったという文章を書いた。それには、おそらく異論のある方もいらっしゃるだろう。では、その前はどうだったのかと言えば、あまり議論の余地がないのではないか。なぜなら、それが「ヘルベルト・フォン・カラヤンの時代」であったことは、衆目の一致するところだろうから。ある人は好意的に、ある人はしぶしぶ認める、という違いがあるにせよ。

 というのも、カラヤンの影響力という点で、またひとつ驚いたことがある。今週出た「レコード芸術」4月号(音楽之友社・刊)の特集が、例によって「最新版 名曲名盤500」というベストレコードを選ぶ評論家10人による投票ものであった。今号はその最終回。配列はアルファベット順であり、リヒャルト・シュトラウスからイザイまで、64曲が取り上げられている。僕としては以前に「名曲名盤とは何か?」という記事で書かせていただいたように、この種の企画に以前ほど興味を持てないのだが、ぱらぱらと眺めていたらカラヤンの演奏がベスト1に選ばれている曲が異様に多いことに気づいた。で、昨日、就寝前の時間を使って、数えてみることにした(笑)。

1)全64曲のうち、交響曲、管弦楽曲、協奏曲、オペラ、声楽曲といったオーケストラが演奏に参加する曲が60曲ある。
2)このうち、カラヤンが録音を残した曲が51曲ある(非正規盤しかない『椿姫』、4曲しか録音を残さなかった『調和の霊感』を除く)。

 51曲という数字も驚きだが、これをお読みの皆さんは、このうち何曲でカラヤンが第1位を獲得したと想像されるだろうか。実は・・・

3)このうち、カラヤンの録音が第1位を獲得した曲が29曲ある(同点1位を含む)。

 なんと、半分以上、57%を占めている。さらに

4)カラヤンが第2位を占めた曲が12曲ある(1、2位を独占した曲を除く)。

 つまり、合わせて41曲で第1位か第2位にランクインしている(80%)、という状況になっている。アンチ・カラヤンの方が見たら、あきれそうな数字だ。実は上記の「名曲名盤とは何か?」という記事でも、バッハの曲がほとんどすべてリヒターかグールドといったいわゆる旧譜で占められていて、評論家の保守的な傾向について驚いた、という内容を僕は書いている。実際、この種の人気投票では、「往年の名盤」と言われているような録音に投票が集中する傾向があるようだ。また今回、アルファベット順の終わり近くに、偶然にもリヒャルト・シュトラウスやチャイコフスキー、ヴェルディ、ワーグナーといったカラヤンが最も本領を発揮している後期ロマン派のレパートリーが集中していた、という特殊事情もあるかもしれない。それでもこの高評価は、どう考えたらいいのだろうか。確かに、1960年代から80年代にかけて、カラヤンの新譜が「レコード芸術」誌の月評や広告欄に毎月のように登場していた。個人的にも1980年代に、リヒャルト・シュトラウスの交響詩や『悲愴』、『ばらの騎士』新盤、『ローエングリン』『パルジファル』など、上記投票でも選ばれている名盤たちが次々と生まれてきた瞬間に立ち会っていたのであり、そうしたことがあたりまえであったのは何と贅沢だったろうか。そして彼の死後、四半世紀が過ぎてもなお、こうして多くの録音が聴き継がれてきているのは、やはりすごいことなのだろう。が、逆に・・・上記の投票結果が、近年のクラシック界の厳しい現状とリンクしていると考えるざるを得ないとしたら、そこに大いなる寂しさを感じてしまうのは僕だけではないだろう。

|

« ザンクト・フローリアンの朝比奈隆 | トップページ | 新時代の歌姫 -- ラケル・アンドゥエサ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186384/63393424

この記事へのトラックバック一覧です: カラヤンの時代:

« ザンクト・フローリアンの朝比奈隆 | トップページ | 新時代の歌姫 -- ラケル・アンドゥエサ »