« 2016年12月 | トップページ

2017年2月 4日 (土)

2016年まとめ

 つい先日、お正月を祝ったばかりと思っていたら、早くも2月。遅ればせながら2016年のまとめをしていなかったと思い立ち、備忘録代わりに書いておく。

 実際には一昨年末のことだが、世界最大のクラシック音楽レーベルであるユニヴァーサル・クラシックス(ドイツ・グラモフォン、デッカ)が、NML=ナクソス・ミュージック・ライブラリーに加盟したのは本当に驚いた。スタート当初は両レーベル合わせて36枚だったが、1年経って登録枚数は飛躍的に増えた。本日現在、「カラヤン」で検索してみたところ、1134枚のアルバムがヒットする。このうち283枚がドイツ・グラモフォン、42枚がデッカ。オムニバス盤も結構あり、曲目が被っているものも多い。またオペラの全曲盤などは少ないが、カラヤンの演奏を聴くにはすでに十分な数だろう。ちなみに旧EMIレーベルを擁するワーナー・クラシックの方も、520枚ヒットする。昨日夕食前に、久しぶりにカラヤン/ベルリンフィルのベートーヴェン交響曲第8番を聴きたくなって、NMLを検索してみたら、フィルハーモニアO.との最初の全集に加え、ベルリンフィルとの全集さえ3種とも全部聴くことができると知り、あらためて感心したところ。早速、70年代の録音から、世界最速と言われている終楽章を楽しんで聴いた。昨年11月には、配信ビットレートが「128kbps」から「320kbps」にアップグレードされた。いずれも我々ユーザーにはありがたいことだ。が、しかし「なんとなくの予感であるが、近い将来、世界のレコード会社はユナイテッド・アーカイヴス(United Archives)とナクソス(Naxos)の2社だけになるのではないか。」という故・中山康樹氏の予言(『新マイルスを聴け!』双葉文庫)が実現しそうで、怖い気もしてきた。

 またここ数年、恒例のことながら、各社からのボックスセット攻勢には、まいる。性懲りもなく、ヘンデルの『16のオラトリオ全曲』(Decca)や、ボスコフスキー&ウィーン・フィルの『シュトラウス・ファミリー ウィンナ・ワルツ、ポルカ、マーチ集』(Decca)、アーノンクールの追悼盤ボックスなどの大物を買ってしまった。これらは、いつ聴くのだろうか>>自分(笑)。こうも格安のセット物ばかりが出ると、1枚もので出る新譜はますます高く思えて、手が出ない。長くクラシックを聴いてきた立場としては、かつてお世話になった国内のレコード会社を応援したい気持ちもあるのだが、1枚3千円前後という価格付けには、さすがについていけないものがある。3千円あれば、外盤ならティーレマンのバイロイトの『指環』全曲だって買えるというのに(すいません。これも昨年夏に買いました)。

 新譜では、これは多くの方と被るだろうが、コパチンスカヤの『チャイコフスキー/ヴァイオリン協奏曲』を外すわけにはいかない。「新しい!」。僕にとってのヴァイオリン協奏曲は、バッハ、モーツァルトを除けば一番聴かない曲種のひとつかも知れないが、この演奏には脱帽せざるを得ない。今月(2月)の「レコード芸術」誌における特集「読者と本誌執筆陣で選ぶ ベスト・ディスク・ランキング 2016」でも、アーノンクールやラトルの諸盤を押さえて断トツの一位。恐るべき人が出てきたものである。こちらで紹介したクルレンツィス指揮ムジカエテルナも、秀逸な伴奏を付けている。そういえば、イザベル・ファウスト独奏のヴァイオリン協奏曲全集(harmonia mundi)も古楽器伴奏だった(>>こちら)。矢澤考樹氏は同誌の連載記事「View points --- 旬の音盤ためつすがめつ」の中で、「唐突に思われるかもしれませんが、私は、このコパチンスカヤの演奏の背景にはアーノンクールの存在を感じます。」と語っている。その当否は置くとしても、もはやオーセンティックであるとか、時代の流行であるとかいうことを超えて、アーノンクールが提示した新しい流れは、若い世代にもどんどんと広がりつつあるのだろう。

 中古盤における今年一番の掘り出し物は、クレンペラーのマーラー『復活』。ニュー・フィルハーモニアO.との録音だが、有名なスタジオ録音とは別。8種類ある彼の『復活』のうち、最も最晩年のライヴ(1971.5.16, ロンドン)である。演奏時間は、約99分とおそらく史上最長。以前、Arcadia レーベルで出ていたが再発の機会もなく、中古盤を探していたものを、昨年ようやくオークションで安く手に入れることができた(2 CDHP 590)。ちなみに最短もクレンペラーの演奏と言われていて、1950年のシドニー交響楽団との録音(約67分)だと言うから、あいかわらず食えない指揮者だ。再発物では、タワーレコードが、ハイティンクの『マーラー: 交響曲集~クリスマス・マチネ・ライヴ(第1番-第5番, 第7番, 第9番)』を出してくれた(9枚組で、6171円)。これは貴重だし、演奏もすばらしい。ただ僕は昨年初め、これが出る前に高い中古盤セットを買ってしまった口である(残念)。

 以上、新しい演奏者の活躍もあるにはあるが、上記「レコード芸術」の読者投票を見ても、ことのほか参加が少ないと感じる。今後、クラシック業界はどうなっていくのだろう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ