« 2018年まとめ | トップページ | エアチェック再開の記(その1) »

2019年1月14日 (月)

ペトレンコ、ベルリンに現わる!

 我が家では週末の夜、細君とふたりで某国営放送?の大河ドラマを見るのが習慣だが、それが午後8時45分に終わった後は、Eテレの美術館情報番組に切り替える。必然的にその後、9時から始まる主に日本の国営放送?オーケストラが登場する録画音楽番組の冒頭を見るとはなしに見ていることが多い。これは数年前の日曜日の話だが、その日も、いつもながら奏者たちがまるで教師の前で試験演奏でもさせられているかのように「すらすら」と演奏している様子を見ながら、自然に会話は「オーケストラによって弾き方は違うのか?」「このオケはうまいのか?」「奏者たちは指揮者を見ているのか?」みたいな話題になっていった。そこで「百聞は一見に如かず」ということで、たまたま手元にあったカラヤン/ベルリン・フィルのチャイコフスキー後期交響曲集のDVDを取り出してきて、あらためて見くらべてみることになった。

 交響曲5番ホ短調から聴いてみる。思いっきり暗い表情で冒頭の運命主題が木管で奏される部分から、展開部で全楽器が爆発するテュッティまで、驚くほどダイナミクスの幅が広い。画面には、世界でも指折りの名手と言われる連中が、全身を揺らし、まさに必死になって曲に食らいついている様子が写っている。「どう?」と聞いてみると、「全然違う」と細君。「感動した?」「うーん。会場にいたら、絶対に感動したと思うわ」との返事。細君が唯一認める天才はモーツァルトで、僕が時にベートーヴェンやマーラー、オペラなど歌物を聴いていると、「うるさーい!」と言ってくるような人である。それが結局、第5番、次いで第6番『悲愴』まで聴き通すことになった。チャイコフスキーだって、随分うるさい曲だけれど。

 さて、昨日夜もだいたい同じ感じで午後9時を迎え、画面からはレスピーギが流れていたのだが、ちょうど前日、ベルリン・フィル/デジタル・コンサートホールの年間契約特典盤(DVD)が届いていたのを思い出し、レコーダーにかけてみた。新しく首席指揮者となるキリル・ペトレンコが登場した昨年8月のライヴで、曲目はリヒャルト・シュトラウスの「ドン・ファン」と「死と変容」、ベートーヴェンの交響曲第7番というプログラムである。最初のテュッティを聴いた時から、細君は「全然、音が違う」と一言。実際、弦の音には艶・輝きが感じられるし、管の表現も意欲的だ。ソロ奏者が画面に映る度に「この人は誰?」と聞くので、「今、世界で一番売れているフルーティストのパユ。隣のオーボエ奏者はマイヤー。この二人は超大物」等と解説をつける。ほかにホルンはドールとウィリスのコンビ、クラリネットはフックスと、さすがに首席が揃っている。コンマスの樫本さんだけは「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出ていたので知っていたそうだが、「ほかにも日本人らしい顔つきの女性がいた」と言うので、確かめてみると、これはヴィオラ首席の清水直子さんだった。楽器の並びはいわゆる対向型。ラトルが採用していたコントラバスを右に置く形でなく、左手奥になる一般的な対向型配置である点が目を引く。ペトレンコの指揮は、オケからも見やすい、ある意味オーソドックスな振り方である。基本、滑らかかつスムーズに音楽を捌くが、細かくみると曲調ごとに細かなメリハリをつけていて、一瞬にして強弱が切り替わる。これは樫本さんのアグレッシブな演奏スタイルも影響しているかもしれない。曲がメインのベートーヴェンに移ると、時に手を止め奏者の自発性に任せながらも、早い箇所ではかなりオケを煽る。第2楽章のアレグレットは極限に近い弱音に始まるが、楽器ごとのフレーズの受け渡しも万全だ。ここで「ベートーヴェンも天才かも」と細君(笑)。第3楽章から終楽章にかけては楽員たちの入神の演奏もあって、もはや名演というほかない。最後は会場総立ちのオベーションで迎えられていた。

 ペトレンコは、気のいい若者という感じで楽員を讃えている。メンバーもいかにも満足げで、お互いに握手を交わしたりしている。電撃的な就任発表があった当初は、「独墺ものは未知数」と言われていたがだけに、「俺たちが選んだシェフだけど、どう?」とちょっと自慢したい気分だったのではないだろうか。実際にこのように若い音楽家を育てていくのも、大事な仕事だろう。翻って、一体、日本のオケが内外問わず誰を育てたのか?・・・何を積み重ねてきたのか?・・・

|

« 2018年まとめ | トップページ | エアチェック再開の記(その1) »

今日買ったCD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ペトレンコ、ベルリンに現わる!:

« 2018年まとめ | トップページ | エアチェック再開の記(その1) »