« エアチェック再開の記(その1) | トップページ | 1967年のマーラー・ツィクルス(補遺・サヴァリッシュ3) »

2019年3月 6日 (水)

エアチェック再開の記(その2)

 (その1)では、FMチューナーを使ったエアチェック再開について書いたが、今回の話題はネットでのサイマル放送の録音について。NHKのラジオ放送については、「らじる・らじる」というサービスがあり、パソコン(Web)およびアプリでの視聴が可能になっている。これは圧縮音源(HE-AAC 48kbps)ながら、ノイズのないクリアな音声ということで録音対象としても有力である。昨年6月の『ステレオ』誌の特集「FM聴こうぜ」でも、この録音方法が紹介されているくらいだ。実際、ネットラジオ用に有料/無料の録音ソフトがすでに数多くあって、検索するといろいろな記事が引っかかってくる。僕が日常的に使っている Macintosh でも対応ソフトがいくつかあるが、タイマー録音用として1台専用にしたいので、以前、子どもに使わせていた Windows7 のモバイル・パソコン(Sony Vaio VPCW219AJ)を再生利用することにした。ハードディスクを安い SSD に換装し、OS を再インストール。余計なソフトはアンストールしたが、なぜか肝心の無線LANが不安定なところがある。ただしこの機種には、今では珍しい有線LANポートもあるので、余っていたLANケーブルでルーターに直結しておいた。実際、この方が無線LANよりは、かえって通信状況も安定しているだろう。で、次は、いよいよ録音ソフトの選択だ。

5923ceb19da44d53ba4f2f6da82c5047

 Windows で、「らじる・らじる」などネット・ラジオを録音するフリーソフトとしては、「どがらじ」というものと、「Radikool」というものがあり、前記『ステレオ』誌の記事でもこの2種が推奨されている。どちらも Windows7 で使用可能とのアナウンスだったが、実際にインストール作業をしてみると、Servise Pack 1 にまでアップデートしておかねばならないことが判明した(Microsoft .NET Framework のバージョン関係らしい)。これがなかなかの手間で、何度もダウンロードとアップデートを重ね、結局、半日くらいかかった。その後、無事2つのソフトをインストール。それぞれを使って、番組の録音も試してみた。GUIや使いやすさの点では、「どがらじ」が勝る。「らじる・らじる」で受信した音楽データを、再エンコードなしで録音できるという点も非常に良い。ただ、今回は電源管理に優れている「Radikool」の方を選んでみた。録音レートも、設定画面で「m4a」に変更し、少し設定をいじれば「再エンコードなし」に設定し直すことができた。100分の番組「ベスト・オブ・クラシック」を録音してみたところ、1回の番組で35.6MBとなったので、計算上は1か月すべての放送を録音しても、1GBの記憶領域で済むことになる。ちなみに(その1)で触れたアナログFM放送を PCM 録音したものでは、同じ「ベスト・オブ・クラシック」1回分だけで1.09GBのバイトを消費するので、これに比べるとその差は歴然だ。たまたま上記 Vaio には、なつかしいメモリースティック・デュオ・プロのメディア・スロットがある。僕の場合、HARD OFF で投げ売り状態の小容量メモリースティック(1GBや2GB)を仕入れてきて、これに1月分の録音を何も考えずにまとめて入れておき、バックアップがわりにしている。

 さて、肝腎の音質はどうだろう。今週初めの「古楽の楽しみ」は、僕の好きなルネサンス期の声楽曲を流しているので、これを録音。m4a のまま iPod に移して就寝前に聴いてみた。左右チャンネルの分離も充分以上だし、何よりノイズレスである点は大きなアドヴァンテージだ。ボリュームを上げていっても雑音は皆無。この点では、ベッドサイドに置いて使っている携帯型のCDプレーヤー(Discman)よりも優れていて、同じ音源を元のCDメディアで聴くよりも、静寂性の点では勝っていると思われる。もはや携帯型プレーヤーやミニ・コンポ、レシーバー等で気軽にFM放送を楽しむのは、このネット音源を活用することで十分であろう。今日現在、我が家の Vaio では、この「古楽の楽しみ」に加え、「ベスト・オブ・クラシック」、「N響 ザ・レジェンド」を自動録音する設定としている。仕事で遅くなった日など、まったく放りっぱなしにしているが、それでトラブルになったことはない。このうち何度も聴きたいと思う番組・回については、アナログFMの PCM 録音でも重複録音し、CDに焼いて保存する、というエアチェック・ライフに、当面は落ち着きそうだ。

|

« エアチェック再開の記(その1) | トップページ | 1967年のマーラー・ツィクルス(補遺・サヴァリッシュ3) »

ネット上のクラシックサイト」カテゴリの記事

音楽の愉しみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エアチェック再開の記(その2):

« エアチェック再開の記(その1) | トップページ | 1967年のマーラー・ツィクルス(補遺・サヴァリッシュ3) »