« 2019年1月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月 6日 (水)

エアチェック再開の記(その2)

 (その1)では、FMチューナーを使ったエアチェック再開について書いたが、今回の話題はネットでのサイマル放送の録音について。NHKのラジオ放送については、「らじる・らじる」というサービスがあり、パソコン(Web)およびアプリでの視聴が可能になっている。これは圧縮音源(HE-AAC 48kbps)ながら、ノイズのないクリアな音声ということで録音対象としても有力である。昨年6月の『ステレオ』誌の特集「FM聴こうぜ」でも、この録音方法が紹介されているくらいだ。実際、ネットラジオ用に有料/無料の録音ソフトがすでに数多くあって、検索するといろいろな記事が引っかかってくる。僕が日常的に使っている Macintosh でも対応ソフトがいくつかあるが、タイマー録音用として1台専用にしたいので、以前、子どもに使わせていた Windows7 のモバイル・パソコン(Sony Vaio VPCW219AJ)を再生利用することにした。ハードディスクを安い SSD に換装し、OS を再インストール。余計なソフトはアンストールしたが、なぜか肝心の無線LANが不安定なところがある。ただしこの機種には、今では珍しい有線LANポートもあるので、余っていたLANケーブルでルーターに直結しておいた。実際、この方が無線LANよりは、かえって通信状況も安定しているだろう。で、次は、いよいよ録音ソフトの選択だ。

5923ceb19da44d53ba4f2f6da82c5047

 Windows で、「らじる・らじる」などネット・ラジオを録音するフリーソフトとしては、「どがらじ」というものと、「Radikool」というものがあり、前記『ステレオ』誌の記事でもこの2種が推奨されている。どちらも Windows7 で使用可能とのアナウンスだったが、実際にインストール作業をしてみると、Servise Pack 1 にまでアップデートしておかねばならないことが判明した(Microsoft .NET Framework のバージョン関係らしい)。これがなかなかの手間で、何度もダウンロードとアップデートを重ね、結局、半日くらいかかった。その後、無事2つのソフトをインストール。それぞれを使って、番組の録音も試してみた。GUIや使いやすさの点では、「どがらじ」が勝る。「らじる・らじる」で受信した音楽データを、再エンコードなしで録音できるという点も非常に良い。ただ、今回は電源管理に優れている「Radikool」の方を選んでみた。録音レートも、設定画面で「m4a」に変更し、少し設定をいじれば「再エンコードなし」に設定し直すことができた。100分の番組「ベスト・オブ・クラシック」を録音してみたところ、1回の番組で35.6MBとなったので、計算上は1か月すべての放送を録音しても、1GBの記憶領域で済むことになる。ちなみに(その1)で触れたアナログFM放送を PCM 録音したものでは、同じ「ベスト・オブ・クラシック」1回分だけで1.09GBのバイトを消費するので、これに比べるとその差は歴然だ。たまたま上記 Vaio には、なつかしいメモリースティック・デュオ・プロのメディア・スロットがある。僕の場合、HARD OFF で投げ売り状態の小容量メモリースティック(1GBや2GB)を仕入れてきて、これに1月分の録音を何も考えずにまとめて入れておき、バックアップがわりにしている。

 さて、肝腎の音質はどうだろう。今週初めの「古楽の楽しみ」は、僕の好きなルネサンス期の声楽曲を流しているので、これを録音。m4a のまま iPod に移して就寝前に聴いてみた。左右チャンネルの分離も充分以上だし、何よりノイズレスである点は大きなアドヴァンテージだ。ボリュームを上げていっても雑音は皆無。この点では、ベッドサイドに置いて使っている携帯型のCDプレーヤー(Discman)よりも優れていて、同じ音源を元のCDメディアで聴くよりも、静寂性の点では勝っていると思われる。もはや携帯型プレーヤーやミニ・コンポ、レシーバー等で気軽にFM放送を楽しむのは、このネット音源を活用することで十分であろう。今日現在、我が家の Vaio では、この「古楽の楽しみ」に加え、「ベスト・オブ・クラシック」、「N響 ザ・レジェンド」を自動録音する設定としている。仕事で遅くなった日など、まったく放りっぱなしにしているが、それでトラブルになったことはない。このうち何度も聴きたいと思う番組・回については、アナログFMの PCM 録音でも重複録音し、CDに焼いて保存する、というエアチェック・ライフに、当面は落ち着きそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 1日 (金)

エアチェック再開の記(その1)

 先日、カセットテープを聴くことができるウォークマンをオークションで見かけたので、落札してみた。WM-EX1 という再生専用の機種で、特別な機構は付いていないものの、そのシンプルさがかえって潔い。かつてFM放送をエアチェックしたテープが実家の屋根裏倉庫に大量に保管してあったので、早速、その一部を持ち出して聴いてみた。テープ自体はすでに30年程経過しているのに意外なほど劣化しておらず、想像していたよりずっと音が良い。カラヤン晩年のライヴや、若き日のアバド、ムーティなどの溌剌とした演奏をしばし楽しんだ。無論、これらのうちいくつかの演奏はCD-Rでも出ていたりしている。が、こちらのテープはあくまで個人で利用するための録音であり、著作権的にも問題がないというのは、何とも気分が良い。

 その勢いをかって、FMのエアチェックを再開してみたいという気が起こり、2月になってからいろいろ調べてみた。まず、当時良く売れたというパイオニアのシンセサイザー・チューナー(F-120D)を物置部屋から引っ張り出してきた。が、実家に住んでいた頃とは電波事情も変わっていて、T型の屋内アンテナをつけてみただけではなかなかきれいに受信できない。数年前は、壁につけられたテレビのアンテナ端子につなげば受信できたので試してみたが、地デジ化に伴ないVHFアンテナを降ろしてしまったこともあり、こちらもほとんど感度がない。そこで知り合いの電気屋さんに頼み、手頃な屋外用アンテナをベランダに立てることにしたのが、先週の木曜日のこと。上記チューナーもチューニング・スイッチの接触が悪くなりかけていて(この機種の弱点・・・)、この際、せっかくなので往年のバリコン・チューナーを使ってみたいと思いたった。たまたま近所の HARD OFF に出ていた YAMAHA T-3 という5連バリコンの機種を買ってみた。これでNHK-FM のクラシック番組を聴いてみると、実にやわらかい音楽的な音がする(※1)。T-3には出力端子が2系統あるので、一つは録音用、一つはモニター用としてアンプにつなぐことができるので、これはこれで都合が良い。以上で、受信まではOK。さて、問題は、録音の方法である。

F9354cfe606042c9a02951788b5e0834

 さすがにテープ録音というのは、もはやありえないだろう(カセットデッキ、DATデッキはまだ自宅にあるが・・・)。いったんデジタル機器でデータ化しておけば、場所もとらないし音源の管理だって楽である。ネット検索してみると、A/Dコンバーターを使いパソコンに録音しているという方が最近は多いようだ。ただ我が家の場合、パソコンをチューナーの近く、テレビ下の備え付け家具の中に収納することになり、ノイズ対策的に考えても不安がある。日中は仕事で家人ともども留守の場合が多いので、熱のことも心配だ。そこで、パソコンの代わりにICレコーダーを使うという方法が最も手軽そうだということで、こちらの方面で引き続き調べてみた。

 条件は2つ。タイマー録音(留守録音)ができるということ。世は圧縮音源ばやりだが、せめてCD並みの無圧縮音源で録音したいので、ライン入力を PCM 録音できるということは必須だ。後者は意外に盲点で、ソニーのある機種などはマイクからは PCM 録音できるが、ライン入力は MP3 のみというものもある。しかも、こうしたことはカタログデータからは意外にわからないので、注意が必要だ。あとライン入力からの録音レベルについても、細かく調整できるタイプの機種が望ましい。これができれば、アンプ等を通さずにチューナーとレコーダーとを直結できるからである。結果、以上3つの条件に合うオリンパスの DS-901 という機種を選び、Amazon で新古品を買ってみた。試しに番組を録音してみたが、もともと自宅にあったサンヨーの古いICレコーダーと比べても、情報量が多く十分にクラシック向けである。

 で、最後は、タイマー操作ということになる。ICレコーダーの方には、上記のようにタイマー機能がついている(※2)。あとはチューナーの電源を On/Off させる方法だが、我が家には30年物のソニーのタイマーがあって最初はこれを使うつもりでテスト録音もしてみた。しかし、常時使用するにはいかにも古いので、何か代わりのものがないかと考えていたら、偶然、スマートコンセントにタイマー機能がついているものを発見した(Meross WIFIスマートプラグ)。これなら、平日(月~金)の午後7時30分~9時10分にチューナーをつないだコンセントを通電させるといったスケジュール管理もお手のものである(これは「ベスト・オブ・クラシック」の放送時間)。しかもスマホの専用アプリを使って操作ができるので、出先から通電を確認したり、もし放送時間が変更になったりした場合などにも対応が可能だったりと、何かと安心感がある。自宅にWIFI環境があるということが必須だが、1個2千円を切る価格でこんなことができるのは驚きだ。サイズもちょっと大きめの電源タップくらいで、まったく邪魔にならない。

 ということで、こうして我が家のエアチェック体制が復活した。土曜日夜の「N響 ザ・レジェンド」で、マタチッチのブルックナーの5番(1967年11月22日、東京文化会館で収録)という珍しい音源が放送されたので早速録音してみたが、やはりライヴは良い。廉価なイヤホンでも十分空間が広がり、楽しめる。たまたま本日3月1日は、NHK-FM の放送開始から50周年ということで、お昼からずっとクラシック番組を放送している。我々の世代のノスタルジーと言われればそうかもしれないが、ちなみに今月の『ステレオ』誌(音楽之友社)は、LPレコードとカセットの特集。アナログ復活の機運は、なかなか根強いものがあるのではないか。ただ、さすがに上記、特番を全部録音するという気にはならなかったのだが、こういうときこそサイマル放送の出番ではないかということで、このお話は例によって(その2)ということにします。

※1 この頃のヤマハのチューナーは、アンテナ端子が「PAL」という種類で、現在、テレビ等でも標準的に使われている「F型」コネクターとは互換性がない。ただ Amazon 等で、「F型>PAL」の返還コネクターが安く売られていて、これを使えば特別な電線処理はいらない。
※2 これも買ってからわかったのだが、DS-901 のタイマー録音機能では、「毎日」という設定があって、これは文字通り毎日同じ時間帯で録音できるわけだが、他の機種にあるような「曜日選択」ができない。なので「ベスト・オブ・クラシック」のように平日しか放送がないような番組の場合、厳密には対応できない。一応、土日になるとタイマー録音設定をオフしているが、この場合、せっかく設定した内容がクリアされてしまう(泣)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年4月 »