« 2019年3月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年4月28日 (日)

1967年のマーラー・ツィクルス(補遺・サヴァリッシュ3)

 昨日、NHK・FMの「N響 ザ・レジェンド」のリクエスト特集で、ウォルフガング・サヴァリッシュがNHK交響楽団を指揮したマーラーの交響曲第1番『巨人』が放送された。リクエストを投稿されたナガオカさんとおっしゃる方は、「N響とはマーラーの交響曲第1・4番を演奏しておりますので、ぜひよろしくお願いいたします。」と書いておられるそうである。ただし、司会の壇ふみさんは、「マーラーについては、交響曲第1番、2番、4番を演奏していますが、音源が残っているのは、そのおっしゃるように1番と4番だったということでございます。」と話されていた。音源こそ残っていないということだが、交響曲第2番『復活』をサヴァリッシュは演奏していたのだろうか?

 以前、この記事の(その1)の記事に、「某巨大掲示板によれば、1970年頃に「第2番・復活」をN響と演奏したこともあるらしいが、詳細は未確認。」という情報を僕は書いていた。その後、同記事のコメント欄に、「よしお」さんという方からN響の「演奏会記録」をご紹介いただいていた。そこで「よしお」さんは、「サヴァリッシュ は復活を指揮していないようです。その代わり、巨人と4番はNHK交響楽団と演奏しているみたいです。」とコメントされていた。僕も当時その記録を検索したときには、『巨人』と第4番の記録は確かに確認したはずだが、第2番の『復活』は見つけられなかったように記憶している。なので(その1)の記事にもともとあった「復活」に関する記載を見せ消ししておいたのだった。もしかすると「N響とはマーラーの交響曲第1・4番を演奏しております」と書かれたナガオカ氏も、私たちと同様の認識からの投稿だったのかもしれないが、今回あらためて「演奏会記録」を再検索してみると、1972年の5月11、12日の2日間、東京文化会館で『復活』を振っていることが記されていた。解説の池辺晋一郎氏も、「2番はちょっとキャラクターが違う気がしますけど、1と4はなんとなくサヴァリッシュが演奏したことがわかる気がしますね。」とのことで、これは(その1)のコメント欄に僕が書いた感想とまったく一致している。しかし、サヴァリッシュが『復活』を取り上げたことは、どうも事実のようである。共演者は「木村宏子(sop.) / 長野羊奈子(alt.) / 東京藝術大学(chor.)」とのこと。ここであらためて、追加訂正しておきたい。

 ちなみに、『巨人』は、1975年の5月14〜17日に4日間連続で演奏されている。会場はいずれもNHKホール。昨日放送されたのは、初日である14日の録音とのことである。その演奏は、極めて明快なもの。管にはミスも見うけられたが、弦のフレージング、ハーモニーはいかにもサヴァリッシュらしく清潔で、冒頭から終楽章に向け見通しの良い設計も出色であった。

 もう一曲、交響曲第4番については、すでに(その1)で紹介したように、1989年4月28日にサントリーホールにおける『N響マーラー・スペシャル』で取り上げられていて、これは「演奏会記録」にも依然として記載されている。余談ながら、放送の中で壇ふみさんは、ブルックナーの交響曲については、N響と9曲全部を演奏していると話されていた。全曲の音源はないようだが、これらもぜひ聴いてみたいものだ。

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年6月 »