« リパッティの『ワルツ集』は1947年に録音されたか?(その2) | トップページ | ワルターのウィーン盤《田園》のピッチについて »

2021年5月22日 (土)

ウラニア盤のないウラニア盤紹介(その5)

 ちょうど5年前の5月、「ウラニア盤のないウラニア盤紹介」というシリーズ記事を4回にわたって書いた。これはフルトヴェングラーの1944年の放送録音、通称「ウラニアのエロイカ」について、1970年以降に相次いで出されたユニコーン系列のLP等についてまとめたもの>>(その1)。その当時も、オリジナルの「ウラニア盤」の板起こしCDや、放送局に残されたテープからの復刻CDがそれこそ雨後のタケノコのように出されていて、どの盤が高音質かという議論は確かにあった。僕もひと通り集めてはいたものの、過剰なイコライジングやノイズ・リダクションにより、その音質・音場は刺激的かつ荒れたものが多く、どれも満足できなかった。一方、上記ユニコーン系の初期LPを聴くと、意外にこれが良いのである。解像度こそ低いかもしれないが、それらしい雰囲気がある。少なくとも、ちゃんと楽器の音がしている。にも関わらず、これらはフルトヴェングラーのファンの間でもほとんど忘れられた存在になっており、そのことが僕に一連の記事を書かせたのだった。

 ところで昨年、Youtube で指揮者の徳岡直樹氏が「『ウラニアのエロイカ』フルトヴェングラー:ベートーヴェン「英雄」1944年(追跡リニューアル#2)」という解説動画を出された>>こちら。これを最近になって閲覧したが、そこには僕がブログに取り上げたような諸盤のピッチ情報について詳しく触れられていて、僕が調べきれていなかった新たな情報も付け加わっている。詳しくは「フルトヴェングラー・センター」の会報・第58号をご覧くださいとのことなので、早速、同会への入会申し込みをして、当該会報の「1944年エロイカのユニコーン音源の系譜」(会員 田井竜一氏、末廣輝男氏・執筆)という記事を閲覧することができた。

 さすがによく調べられた記事で、参考になる。また、巻末の参考文献には、上記記事「ウラニア盤のないウラニア盤紹介」についても、(その1)から(その4)までのURLがきちんと紹介されていた(ありがとうございます!)。内容的にも僕の書いたブログ記事の情報と概ね一致しているのだが、本会報には下記のような新たな情報が記されているのでここで紹介しておく。

1) Turnabout 「TV 4343 (VM 3293)」
 まずは(その2)で触れたTurnabout盤について。これについては、僕はビッチ未修正のものと修正済みのものがあると書いていた。が、会報ではこの盤には、ビッチ未修正のもの、表面のみピッチ修正済みのもの(会報では「ハイブリッド」と表記)、両面ともピッチ修正済みのもの、の3種があると書かれている。ちなみにこのうち僕が持っていたのは、このうち最初と3番目のもの。会報には、ベルリン表記(未修正)、ウィーン表記(ハイブリッド)、ウィーン表記(修正済み)が紹介されているが、うちにあったのはウィーン表記の未修正なので、少なくとも4種あることになる(注)。

2) Turnabout 「THS-65020」
 この再発盤については、僕はピッチ修正済みと書いていた(>>(その2))。が、どうもこちらの盤にも、表面のみピッチ修正済みのもの(ハイブリッド)、両面ともピッチ修正済みのもの、の2種があるらしい。

3)日本コロンビアのLP「DXM-101-UC」

Image

 この日本初の「ウラニア盤」については、僕は自身の2枚の所有盤に基づき、「ピッチは未修正だった」と書いていた(>>(その3))。 会報の筆者のお一人でもある末廣輝男氏が、オリジナルの「ウラニア」盤を板起こししたCDのひとつ、「Opus蔵」盤の解説にこのように書いておられた。

「1970年前後のほぼ同時期に、フランスのPathe(2C051-63332M)、アメリカのVOX(TV-4343)、イギリスのUnicorn(UNI-104)から、この「ウラニアのエロイカ」と細部まで全く同じ演奏がフルトヴェングラー夫人の正式なライセンスを得て発売されたのである。まもなく我が国でも日本コロンビア社からDXM-101として正式発売され、再び大きな反響を巻き起こした。」
「これまでに発売されたLPのうち、このピッチの異常に気が付いて初めて修正をしたのは、海賊盤を別にすれば日コロンビアのDXM-101であった。」
(ともに、「Opus蔵」OPK7-26盤の末廣輝男氏による解説「ウラニア「エロイカ」とメロディア「コリオラン」」から)

 これらの記述に対して、(その4)では、「直接的な情報ではな」く、こちらのネット記事=「kubo yoshikazu のホームページ」由来の記述なのでは?と僕は推測していた。が、本会報を読むと、この末廣氏も「DXM-101-UC」を所収されていて、こちらはなんと本当に「ピッチ修正済み」であるとのこと(これについては、末廣氏に対しお詫び・訂正しなければならない。kubo氏にも)。一方、会報のもう一人の筆者、田井竜一氏の所有盤は、僕のものと同じ「ピッチ未修正」盤であったという。つまり、この「DXM-101-UC」にも、やはりピッチ未修正のものと、修正済みのものの2種があったということになる。ただ、念のために書いておくと、上の解説で「1970年前後」とされていた「フランスのPathe(2C051-63332M)」の発売年については、会報ではユニコーンやヴォックス盤のような1970年前後の発売ではなく、「1980?年発売」と修正されている。

 以上、本会報によって、ユニコーン系列のLPについて、新たな情報が紹介されたのはありがたい。ただ僕としては、末廣氏(およびkubo氏)が所有するというピッチ修正後のDXM-101-UCを手に入れて確認したいと思うのだが、これはかなりの難関ではないかと思う。本盤はオークションなどでも時折見かけることあるが、それがピッチ修正盤であることを確かめるのはなかなか困難を極める(というより、ピッチ修正盤にたどり着くまで何枚も同じ盤を買うはめになるだろう)。現在のところ、「フルトヴェングラー・センター」の会報・第58号からの情報ということでご理解いただければと思う※※。

※(注)ただ、この3種の盤を比較した記述での「タイミング」表記は、最初の未修正のもの「14:51 17:02 6:11 12:11」、ハイブリッド盤「15:36 11:05+6:27 6:12 12:11」、両面修正済みのもの「15:32 17:43 6:28 12:38」となっている。これだと最初のものと3番目のものは、第2楽章が2つに分かれていないように見える。が、実際は3種とも第2楽章は2つに分かれている。想像では、2番目の「ハイブリッド」盤の場合、表面の第2楽章前半はピッチ修正済み、裏面の第2楽章後半はピッチ未修正、ということになるので、「11:05+6:27」とあえて分けて書いたのではないかと思うが、ちょっと紛らわしい。
※※(2021/8の追記)以上のような議論に精通された方だと思うが、オークションでわざわざこのLPを「日コロムビア盤(ピッチ修正済) フルトヴェングラー/ウィーンPO ベートーヴェン 交響曲 第3番 英雄 」というタイトルをつけて出品された方がいらっしゃった。ピッチ不明のものより少し高額だったが、もう出会えないかもと思い落札してみた。確かに、これはピッチ修正済みで、目で見ても両盤とも中央の無音部分が極端に狭くなっていた。また、上の2)で触れたTurnabout 「THS-65020」の表面のみピッチ修正済みのもの(ハイブリッド)も、その後、実物を手に入れて存在を確認した。以上、追加でご報告まで。

>>(その1)へ、(その2)へ、(その3)へ、(その4)

|

« リパッティの『ワルツ集』は1947年に録音されたか?(その2) | トップページ | ワルターのウィーン盤《田園》のピッチについて »

今、聴いているCD」カテゴリの記事

LP談義」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リパッティの『ワルツ集』は1947年に録音されたか?(その2) | トップページ | ワルターのウィーン盤《田園》のピッチについて »