« 「バイロイトの第九」の新音源!登場(その2) | トップページ | 「バイロイトの第九」の新音源!登場(その4) »

2021年10月29日 (金)

「バイロイトの第九」の新音源!登場(その3)

 2回にわたって、「バイロイトの第九」の既存音源である EMI 盤およびセンター盤について、これまで判明している音響的事実や相関関係等について見てきた。今後は、今年12月に公開される BIS 盤がどのような内容かによるのだが、個人的には可能性は以下の3つだと思っている。

<想定1>BIS 盤の内容は、センター盤と同じ

 (その1)で紹介した「ハム音」分析によれば、EMI 盤には3つの音源が使われている。そのことから考えると、客観的に見てこの<想定1>の可能性が最も高いことは間違いない。その場合は BIS 音源の外的証拠にもよるが、こちらが1951年7月29日に行われたフルトヴェングラーによる「バイロイトの第九」の本番演奏ということになるだろう。一方、EMI 盤は、ゲネプロ(本番前の通し演奏)の音源に、一部本番のライヴ演奏をつないだものということになる。(その1) にも書いたが、なぜ EMI やプロデューサーのウォルター・レッグが、そういう不可解なことをしたのかという疑問が残るだけだ。

<想定2>BIS 盤の内容は、EMI 盤と同じ

 こちらも絶対あり得ないないわけではない。その場合、EMI 盤が本番の演奏ということになるが、ただ第3・4楽章に含まれたセンター盤と同じ部分には、理論上、これまで未知であった新たな演奏が含まれていることになるだろう(厳密に言えば、第1楽章の一部も)。その新たな部分に、何かしらレコードに使えない事情があり、ゲネプロの音源=センター盤から音源を採ってきた、というのが真相だったということになる。もしもそうだっだとしたら、これはある意味、明快かつ当然の帰結なのだが、さてどうだろう。

<想定3>BIS 盤の内容は、EMI 盤ともセンター盤とも一致しない

 (その1)で紹介した指揮者の徳岡直樹氏は、もしかしたらそれもあり得ると指摘するが、可能性としては上記<想定1・2>に比べるとかなり低いと言わねばならない。万が一そうだったら、当日約3回も声楽・ソリスト入りの通し演奏(おそらく舞台演奏)をしたことになってしまう。BIS 盤が第1~3楽章だけ新しい演奏で、第4楽章のみ既存の盤と同じ、というハイブリッド盤であることもあり得るから、簡単には言えないが。

 以上、「バイロイトの第九」の新音源について、想像も含め整理してみた。ちなみに、以前は記載されていなかったが、本日(10月29日)現在、Amazon の BIS 盤の解説を見たところ、以下のような記述が増えていた。

「冒頭アナウンスは「1951年バイロイト音楽祭。バイエルン放送がリヒャルト・ワーグナー音楽祭 (バイロイト音楽祭) のオープニング・コンサートをバイロイト祝祭劇場からドイツ・オーストリア放送、英国放送、フランス放送、ストックホルム放送を通じてお届けします。曲はヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮によるベートーヴェンの交響曲第9番です。」というもので、これがまさに生中継だったことがうかがえます。」

 これは、重要な情報だ(英国でも放送されていたというのは、未知の事実だ!)。いずれにせよ、12月になればいろいろはっきりするだろう。一クラシック・ファンとして、その日を待ちたい。

※(2021/11/6の付記)どうも発売日が繰り上がったようで、Amazon や HMV では、直輸入盤は「11月20日」発売、キングインターナショナルによる日本語帯・解説付きは「12月10日」発売になっている(その後、直輸入盤は「11月25日」発売、日本語帯・解説付きは「12月1日」発売になったようだ)。

|

« 「バイロイトの第九」の新音源!登場(その2) | トップページ | 「バイロイトの第九」の新音源!登場(その4) »

今、聴いているCD」カテゴリの記事

明日買いたいCD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「バイロイトの第九」の新音源!登場(その2) | トップページ | 「バイロイトの第九」の新音源!登場(その4) »