« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »

2022年2月19日 (土)

板起こしで聴くメロディア盤のフルトヴェングラー (その8・ベートーヴェン9続き)

 さて、今回は前回の続きで「ベルリンの第九」の真正メロディア盤を聴いていく。以下の写真は GOST61 のアプレレフカ(モスクワ)盤。

Img_3986

 第1楽章の初めの方で、数カ所で傷による雑音(1箇所は針が飛ぶ場合あり)が入るというので非常に安く買ったものだが、他の面のコンディションは良好だった。僕がこれまで聴いてきた「ベルリンの第九」と言えば、フィリップスの廉価版LP(>>こちらを参照)、あるいは学生時代に買った1枚組のエヴェエスト盤LPだったが、それらに比べると実にすっきりとしたきれいな音で、初めて聴いたときには本当に驚いた。マトリックスは、「A面2-1・B面2-1・C面2-3・D面2-2」であり、これは前回紹介した OPUS 蔵盤のライナーノーツに記された「(2枚目が GOST61 )の青トーチ盤」と同じである。このLPの第4面は全編「ハイドン・ヴァリエーション」なので、「第九」に限るなら原理的には前回取り上げた「プレ・メロディア盤」と同じマスターからできていることになる。それでいて、バックのノイズは非常に低く、僕の視聴環境では正直、CDより済んだ音がする。

Img_4015

 会員制CDショップ「アリアCD」のCD-Rレーベル「アリア・レーベル」に、この GOST61 盤から復刻された盤がある(AR-0022)がある。やはり雑音は少なめで、元LPと音色感は合っている。ただし、第2楽章の始めあたりの強音部では、歪みが目立つ。いくら60年近く経ったレコードとは言え、LPではそういうことはないのだが。
Img_4097

 一方、あまり数は見ないが、レニングラード製のイエロー・レーベル盤もある。この上の写真の盤は GOST68。こちらは製造工程が改善されたのか、盤質由来のノイズはかなり少なくなっている。

Img_3990

 こちらも GOST68 だが、アプレレフカ(モスクワ)製。例によって若干、ザラザラ感が残る盤。これらの盤のマトリックスは、「A面2-2・B面2-2・C面2-3・D面2-2」なので、1枚目は上記の盤より番号が上がっている。そのためか僕の所有する盤では、GOST68 の方がほんのわずかに音が重い感じはある。ただ、「そもそも『第九』に関しては、Gost-56・61とGost-68とは大きな音質の違いがあって、比較すると、Gost-68は音の豊かさがかなり失われている。」というようにおっしゃる方もあるが、これまで聴いてきた曲でも GOST68 で急に劣化しているという印象は少ない。使う針を選べば十分深い音だと思う。

Img_4021

Img_4027

 また GOST68 盤は、より古い版に比べ当然ながら状態が良い盤も多い。なので、それを復刻に使ったものがいくつかある。まず Serenade 盤(SEDR-2004、2002)。GOST 番号については記載がないが、パックインレイに記載されたレーベル写真(一部)で、GOST68 であることがわかる。ライナーノーツには、こうある。

「ブラームスの第4(SEDR2003)は〈たいまつレーベル〉であるが、この第9は〈ピンク・レーベル〉である。未確認の情報によると、この第9もまた〈たいまつ〉が最も鮮明な音質らしいが、それを確認する手だては今のところ全くない。本来であれば〈たいまつレーベル〉のLPも入手し、この〈ピンク・レーベル〉と比較して、良い方を出すべきであろう。だが、いくら〈たいまつ〉とはいえ、やはり問題なのは保存状態である。つまり、保存状態の良くない〈たいまつ〉と、状態の良い〈ピンク〉となると選択はむずかしくなるだろう。」

 しかもこの復刻に使われた盤は元々は「海外の倉庫に眠っていた手つかずの、つまりは全くの新品」だっただそうで、「従って、現時点でこのCDRは当時のメロディアの第9の音を偲ぶには最適な資料となりうる、このように考えて復刻を決意した次第である。」とのこと。相変わらず出音レベルは高く、それに伴いやや音が歪む箇所もあるが、(その6)で聴いたブラームスの第4番と同じくこのレーベルの初期のものなので、決してやり過ぎてはいない。ミント盤だったとあって針音も少ない。他に Serenade 盤を出している平林直哉氏がプロデュースした DREAMLIFE 盤(DLCA-7005)がある。こちらの使用盤表記には「D10851〜3」とだけある。詳細は非公表ながら、同シリーズのシューベルトの交響曲第9番の巻(DLCA-7010)のライナーノーツに、「このシリーズのDLCA-7005に使用したLP」として、Serenade 盤と同じ真正メロディア盤のジャケット写真を載せている。SACD層で聴くとさすがに音に余裕があるし、やや落ち着いた雰囲気の好復刻になっている。

Img_4012

 GRENNDOOR 盤もこの GOST68 を「メロディア盤の中でも音質の一番良い68年プレス盤」として、原盤に使っている(GDCL-0016)。解説の桧山浩介氏は、この「第九」の録音が「演奏を記録したマグネトフォン録音としては最初期のものにあたり、そのために復刻に際してはもっとも慎重な作業が求められるものの一つである。」と書いている。具体的には、レベル変動、音とびの修正、コンプレッサー処理の結果生じている全体にわたるダイナミックレンジ幅の補正、そしてピッチについての配慮などを上げている。その上で、この修正には「作業者の音楽一般についての素養や音楽性、さらには「第九」そのものについての楽曲上の知識など、さまざまな条件に恵まれた時にはじめて満足できるものが出来上がる困難な作業であろうが、おそらく20種類は優に超えるであろう大戦中の「第九」の復刻CDのなかで、このCDはこれらの条件がもっとも理想的な形で仕上がったものとして高く評価いたしたい。大戦中のフルトヴェングラーに関するドキュメントとして最上位に位置付けられるものと確信する。」と書いている。で、実際の音はどうか。音はこもっており、ガヤガヤというバックの雑音も大きいので、会場の音がマスクされた感じになる。第2楽章の冒頭など、かえってダイナミックレンジ幅が狭まって、平板にならされているような印象だ。GOST68 自体は、大変素直な音なのだが。

Img_4023

 他にこの「第九」にも、日本に輸出された新しい黒レーベル盤がある(M10-10851)。

Img_4019

 OTAKEN レコードから、この盤を使った復刻盤がある。このレーベルの主宰者・太田憲志氏は、以下のように書いている。

「『当CDの音源を提供して下さいましたのは、皆様よくご存知の音楽評論家、小石忠男先生です。ソ連邦崩壊と前後して、メロディア社からフルトヴェングラ-の多くの戦中録音がLPレコードで復活したのは、私どもの記憶に新しいところですが、そのためにご尽力されたお一人が、、他でもなく小石先生その御方であられたそうです。(中略)ただM10シリ-ズと言われる本シリーズの復刻となると、少々疑問に思われる方もあるやも知れません。かく言う小生も先生からこのシリーズを譲り受けた時、ありがたい気持ちと同時に、正直戸惑いを覚えたのも事実です。ところが聴いてびっくり玉手箱!何とこれらのレコードはクリアーに鳴り響いていることでしょう!小生手持ちの同シリーズの何点かと聴き比べても明らかに違うのです。早速先生に問い合わせたところ、今回ご提供いただいたレコードは、このシリーズ用に新たに製作されたメタル原盤からのファーストプレス品だからではないか、とのことです。ならば、アナログレコードは、製造ナンバーが若いほど高密度、高精度なのですか?とお聞きしましたところ、間違いなくそうです、とのことでした。」

 黒レーベル盤の音は、「プリ・メロディア盤」等とは若干変わっているが、一般的にはこの盤の方が一皮向けた音だと思われるだろう。この項の(その7)で紹介した平林氏のコメントにもあるように、この曲の第4楽章、特に後半は、どうしても歪みが多くなり、ピッチも下がり気味になる傾向にある。その中で、この後半部分は、この盤が一番鮮明に聴こえる。黒レーベル盤については、いろいろマイナス意見もあるが、「第九」については、かなりアドヴァンテージがあるということだ。OTAKEN 盤も雑音は少なく、デジタル風。高弦が金属的に響くが、「黒レーベルらしく」は仕上がっている。

 第2楽章の初め、1分52、53秒あたりの音飛びだが、今回聞いた中では、Serenade 盤と DREAMLIFE 盤は未修正で、それ以外の盤では修正しているようだ。

| | コメント (0)

2022年2月12日 (土)

板起こしで聴くメロディア盤のフルトヴェングラー (その7・ベートーヴェン9のプリ・メロディア盤)

 フルトヴェングラーと言えば、「第九」。「第九」と言えば、フルトヴェングラー。という具合で、この巨匠の数ある同曲演奏はある意味、神格化されている。戦後の雄大なスケールを誇る諸演奏と比べ、こちらの戦時演奏(1942年3月録音)は、迫力と緊迫感に満ちたドキュメントとして、極めて聞き応えがある。ただし、この「ベルリンの第九」のような演奏を好んで何度もくりかえし聴くというようなことは、あまり相応しい行為とは言えないのかもしれないが・・・

 この項では、フルトヴェングラーといえども海外のサイトで買えるメロディア盤は、それほど高価ではないようなことを書いていたが、さすがに「第九」は別格。「プレ・メロディア盤」ともなると、大概10万円コースとなる。申し訳ないが今回は紹介できるLPを僕も持っていなくて、「そういう曲こそ板起こし盤の出番!」、と悔し紛れに言ってみるほかない。レコード番号は、「33D-10851/4」で、2枚組。最後の4面めには、ブラームスの「ハイドンの主題による変奏曲」(1943年12月録音)が入っている。さて、この曲にもメロディア社に統一される前の「ВСГ(VSG)」が出した「Всесоюзная Студия Грамзаписи(VSESOYUZNAYA STUDIA GRAMZAPISI)」、いわゆる「VSG盤」がある。非常に希少な盤だが、VENEZIA、Delta、MYTHOS、そして Grand Slum といった有力メーカーがそろって復刻盤を出している。

Img_3997

 このうち VENEZIA 盤(V-1019)は、「復刻には、音楽評論家の浅岡弘和氏の所蔵する盤が用いられ、音量調節やフィルター等のマスタリングは一切行わず、オリジナル性と鮮度を保った復刻となっている。」とのこと。その言葉を丸ごと信じたくなるほど、自然な音だ。針音は多いが、盤に刻まれた音がいかにすばらしいかを想像させてくれる。一方、Delta盤(DCCA-0004/5)も評判の高い復刻で、バックグラウンドにわずかに(針音とは別の)サーというノイズが入るものの、音の解像度は非常に高い。

Img_3995

Img_3996

 一方、MYTHOS 盤(NR-ZERO1&2 Gold)は、音量レベルが高く、臨場感・迫力は一番高い。針音、バックの暗騒音は極めて大きいし、最強音では歪みも出るが、まさにその場に立ち会っているような感覚が味わえる。こうした華のある復刻が好きな人もいるだろう。

Img_3998

 また、Grand Slam 盤は、製作者の平林直哉氏が「ラ・ヴォーチェ京都の永井さんからお借りした。」という盤を使っている(GS-2090、2012年)。復刻時にはかなり苦労されたことが、平林氏の著書『フルトヴェングラーを追って』(青弓社・刊)に書かれている。特に「問題は第四楽章である。外周はほぼ問題ないが、内周にいくにしたがってレベルは少しずつ下がってくるし、音像は甘くなり、ダイナミック・レンジも狭くなってくる。」という。またCDのライナーノーツでは、メロディア盤LPのイコライジングについて次のように述べている(注1)。

「 メロディアの初期LPがどの周波数特性を使用していたか、これに関する情報は全くない。このディスクに使用したVSGレーベル盤は1950年代終わりから1960年代初頭のプレスと思われるが(メロディアのフルトヴェングラー・シリーズは1959年が最初と言われる)、再生してみると、RIAAでもそれほど違和感はない。しかし、乏しい情報を整理し、実際に試してみたところ、オールド・コロンビアが最も近いと思われた。従って、このディスクではオールド・コロンビアを基準にリマスタリングしている。」

 ここで言われている「オールド・コロンビア」を「Columbia LP(Old-LP)」カーブとするならば、そのカーブは RIAA より低域の補正、高域の補正とも浅い(特に低域)のはず。つまり再生にあたっては、低域を多めに下げ高域もやや下げるという方向性になる。個人的には、それではより軽いすっきりした響きになると思うが、この Grand Slam 盤は先に挙げた3盤より心持ち低域寄りに聴こえる。逆に言えば、この Grand Slam シリーズの中では、比較的落ち着いた音調で好感が持てるが(注2)。

 アコード(レニングラード)盤にも GOST56 はあるが、例によって復刻盤はない。またリガ盤は GOST61 だけで、GOST56 はないと言われている。他の曲でよく復刻に使われる GOST56 の「(青)トーチ盤」は、この「第九」では OPUS 蔵盤があるのみである(OPK 7003)。ただしこの OPUS 蔵盤の復刻に使われた第4楽章、つまり2枚め以降は、GOST61 のラベルになっているという(注3)。かなりこもった音で復刻されており、低弦はボンついている。前回にも書いたが、おそらくイコライジング・カーブが他の盤とは違うのだろう。僕もメロディア盤のイコライジングの方向性としては、上記のコロンビア・カーブとは逆、つまり低音域をやや持ち上げる補正を考える人もいても不思議ではないが、この「OPK 7003」盤はいかにもやり過ぎのように思える。ちなみにこちらも、復刻したLP自体は、坊田信吾氏の提供とクレジットがある。このあたり希少かつ高価な盤だけに、メーカー側も盤の調達をコレクターに頼っているのがわかって、なんだかちょっとホッとした気分だ(笑)。

 最後に、一点だけ。このメロディア音源には、第2楽章の初め、1分52、53秒あたりに音飛びがある。今回聞いた中では、Delta 盤、OPUS 蔵は修正し、それ以外の盤では修正していない。

(注1)ちなみに、平林氏はのちに38センチのオープンリール・テープで同じ「ベルリンの第九」を復刻している(GS-2146、2016)。「当シリーズでは同一演奏をメロディアLP(VSGレーベル)から復刻したCD(GS 2090廃盤)を一度発売しています。LP復刻も独特の味わいがあり、どちらが良いかは簡単には言えないのですが、LPはカッティングの際にマスターの音をある程度加工しているので、このテープ復刻の方がより原音に近いと言えます。」との認識だった。
(注2)「プリ・メロディア」LP盤のイコライジング・カーブの関係だが、アメリカのレコード協会が RIAA カーブを正式に採用したのが1954年と言われている。すぐには各社に広まらなったという説もあり、ましてや冷戦時代のソ連がそんなに素直にこれに従ったとも思えない。では、RIAA カーブではなかったかと言えば、この項でも見てきたように GOST61 や GOST68 以降の真正メロディア盤にも「プリ・メロディア盤」と同じマトリックスを持つ盤が結構ある(ベートーヴェンの第5番、ブラームスの第4番、そして次回に紹介する「第九」の真正メロディア盤しかり)。マトリックスが同じで、イコライジングが違うなどということは、一般的には考えられない。これは僕には大いなる疑問だが、いずれ項を改めて考えてみたいと思う。
(注3)多くのプリ・メロディア盤、メロディア盤を所有されているこちらの方のブログにも、GOST56 と GOST61 とが混在する盤の存在について記述がある。また、OPUS 蔵盤のラーナーノーツによれば、使用盤のマトリックスは「A面2-1・B面2-1・C面2-3・D面2-2」とのこと。第3面までは、おそらく他の「プレ・メロディア盤」も同じ。また、第4面のマトリックスには「2-1」となっている初期盤もあるらしいが、この面は全編、ブラームスの「ハイドンの主題による変奏曲」が入っている。

| | コメント (0)

2022年2月 3日 (木)

板起こしで聴くメロディア盤のフルトヴェングラー (その6・ブラームス4)

 最初にフルトヴェングラーのこのブラームス第4番の戦中ライヴ盤を聴いたときは、驚いた。第1楽章の提示部の途中で、どんどんとアッチェレランドしていく場面は、この巨匠でもこの時期にしか見せなかったまさに大胆な解釈だ。演奏自体も放送録音だったベートーヴェンの第5番あたりとは違い、フルトヴェングラーは思いの丈を曲にぶつけている。その意味では、板起こし盤の評価も少し変わってくるのかもしれない。ただ元々の録音の状態が、これまで聴いてきた曲と比べ少しだけ落ちる。主な点だけ挙げると、まず全体に「ブーン」という低い音が被っている。そのほか、B面の第3・4楽章は最初から終わりまですっと「パラパラパラ・・・」という遠くの空を飛んでいるヘリコプター音のようなパルス雑音が入っている(注1)。この2点はメロディアの初期LPを含む下記のすべての盤で聴くことができるので、マスターテープに由来するものだろう。この点は、あらかじめ断っておく。

 さて、この曲にもいわゆる「プリ・メロディア盤」がある。番号は「D-09867/8」。僕が実際に聴いたのは、レニングラード製の黄色いアコード盤で、盤質はそこそこ(細かな傷は多い)。ベートーヴェンの第5番等と比べても当時からあまり数は出なかったとみえて、オークション等でも余り廉価なものは見かけない(2万円以下では手に入らないだろう)。この盤の場合、レーベル面にハンコや落書きもあったので、そこまではしなかったが。

Img_3977

Img_3978

 第5番でも触れたが、この時期のアコード盤は「プリ・メロディア盤」の中では盤質が良いものが多い印象だ。曲の印象的な始まりの部分で、弦の上がり下がりにも微妙な抑揚が感じられ、今まさにそこで演奏されているかのような臨場感が味わえる(これに比べると、多くの復刻版はのっぺりとした印象になっている)。先に述べたように、この曲では演奏の勢い・迫力も大事で、その点でもすばらしい。ただアコード盤を使った板起こし盤はまったくないのが実情で、少し残念だ。

Img_3940

 最も初期の盤のひとつと思われるものとして、この曲には「VSG 盤」がある。メロディア社に統一される前の「ВСГ(VSG)」が出した「Всесоюзная Студия Грамзаписи(VSESOYUZNAYA STUDIA GRAMZAPISI)」というレーベル表記を持つ希少盤だが、当然ながら僕は未収集。というか、メロディア盤収集歴の浅い僕などは、まだ一度も売られている現物に出会っていない。ただし、この音は VENEZIA 盤で聴くことができる。VENEZIA レーベルは板起こしとしてはパイオニアの部類だが、あまりデジタル的に音源自体をいじってないのか、素直な好復刻が多い。このブラームスの場合も、針音は割と多い方だが、曲冒頭の暗騒音の部分からメロディア盤の生々しい臨場感を一番よく伝えていると思えるのは、この盤である(V-1023)。邪道かも知れないけれど、僕はこのCDをリビングの 7.1ch システムで聴くのが、結構好きだ。

Img_3939

 さらに板起こしで人気が高いのは、「トーチ盤」だろう。私自身は所有していないが、こちらにも複数の復刻盤があるので有り難い。このうち MYTHOS 盤は「青トーチ盤」を使用。僕が聴いたのはゴールド盤仕様のCD-R(NR-5016 Gold)で、これは情報量こそ多いものの、使用盤の関係か、第1楽章等の強音部で弦の音色がややザラザラと荒れていて残念だ。ただし、後半は持ち直しているし、演奏自体の荒々しい感じは良く出ている。OPUS蔵盤も「青トーチ盤」の復刻(OPK 7012)という。例によってややこもった音質になっていて、低音部はボーボーと鳴っている。僕はこの一連の項を書くにあたって、音質判定が盤のレーベル名に左右されないように、往年のパイオニア製の6連CDプレーヤーを復活させて、ランダムプレイをかけて追加確認している。OPUS蔵盤はこの簡易ブラインドテストでも、いつも一発で判定できる。無論、派手派手しいテープ音源盤等よりずっとマシだが、想像するに元LPはもっと澄んだ音のはずである。このレーベルはほとんど同じような音作りなので、プリ・メロディア盤を復刻する時に使用するイコライザー・カーブが、他レーベルとは違うのだろう。一度、設定データを聞いてみたい。

 一方、Delta 盤は「紫色大聖火(トーチ)盤」を使用している(DCCA-6008)。いつもながら針音の少ないすっきり系の音で、聴きやすくはある。が、静かな部分でかすかにサーという音が聴こえているし、全体に音楽がやや平板化されている感じがする。さらに、平林直哉氏の手になる Serenade レーベルにも、「たいまつレーベル」(青トーチ盤)からの復刻がある(SEDR-2003)。これは針音は少し残るが、平林レーベルの初期ものだけに、盤の音情報をそのまま伝えるなかなか筋の良い復刻だと思う。上記 VENEZIA 盤に迫っている。例によって DREAMLIFE からは、同じ平林氏のプロデュースで出たSACD/CD(DLCA-7008)も出ている。パックインレイに記されたレコード番号は「D09867〜8」となっているが、使用盤は非公開。下記で紹介する同じ平林氏のレーベル Grand Slam 盤では、より後期の真正メロディア盤を使っているが、盤表面の針音の感じだと、このSACDはプリ・メロディア系の盤から音を取った可能性が高いように思うが、どうだろう。いずれにせよ Serenade 盤よりやや整音されているが、このシリーズでは成功した方だと思う。

Img_3936

Img_4067

 GOST61 以降の真正メロディア盤は、例によって各時代で何種類も出ている。このうちイエロー・レーベル GOST61 のレニングラード盤は、「プリ・メロディア盤」と比べほとんど遜色のない盤だと思う(2枚あるうち、下のものは若干パチパチノイズが多い)。とはいえ、海外のショップでは3千円もしなかった。いわゆる「Записано ВСГ / GOST61」表記も付いているが、これはあくまでレニングラード製であって、VSG製ということはありえない。にもかかわらず、これを「プリ・メロディア盤」のVSG盤と同じ種類だとしたり、共産党幹部用の特別仕様盤などと言っているのは、日本の一部の人だけではないかと思うが、どうだろう。

Img_3937

Img_4066

 こちらはピンク・レーベルの GOST68 と、同 GOST73 の2枚である。ピンク・レーベルの復刻には、平林氏のレーベル Grand Slam 盤(CD)がある。盤の選択について平林氏は

「フルトヴェングラー/ベルリン・フィルの戦時中のライヴ録音の中でも、最も濃厚、強烈と言われる演奏を1枚に収めました。2002年、同内容の CDR(Serenade SEDR-2003)を発売しましたが、今回のGS-2107ではその原盤を流用せず、全く新規に作り直したものです。CDRはたまたま集まったLPから復刻しましたが、今回のマスタリングでは複数のLPを比較試聴し、最上の結果が得られたものを選びました。」

と書いている。実際に、上記「VSG盤」、そして SEDR-2003 の復刻でも使った「青トーチ盤」、さらにフランス協会盤と聴き比べた結果、あえてこのピンク・レーベル盤、しかも GOST73 を選んだという。確かに盤の状態が良いことも幸いしてか、解像度・SN比は高い。相変わらず録音レベルが高いのは玉に瑕だが、ベルリン・フィルの高弦の美しい伸びが良く出ている(僕の GOST73 盤のマトリックスも、「プレ・メロディア盤」から共通の「1-1/1-1」だ)。

Img_3929

 ほかにホワイト・レーベル(GOST80)も手元にあるが、驚くべきことにこちらもマトリックスは「1-1/1-1」。原理的には初期盤と同じ音が入っていてもおかしくない。実際に聴いた感じも、明確な音の劣化というものは感じられない。

Img_3938

 さらに日本にも輸入された黒レーベルの方も手に入れやすいが、こちらのマトリックスは、A面3-2、B面1-2と番号が上がっている。A面を聴くと、確かにやや鮮明さがなくなっている感じはある。その意味では、上記メロディア盤の GOST68・73・80は、海外では千円台でも普通に買えると思うので、お買い得と言えるだろう。

(注1)このパラパラ音は、元のLPでは第3楽章と第4楽章の曲間にも入っている(おそらく音源自体も、両楽章で切れずにつながっている)。CD化の際には、この曲間部分に無音部分を入れる関係で、第4楽章の曲頭からパラパラ音が聴こえる盤と、聴こえない盤がある。shin-p氏はこのことから以下のように推察されている。「メロディア盤などでおなじみのブラームス/交響曲4番は42年6月21日録音ではないかという意見がある。メロディアCDでは42/06/21とクレジットされている。shin-pは1,2楽章が43年で3,4楽章が42年録音ではと推察している。録音状態が前半と後半であまりに違うからだ。」(「フルトヴェングラー資料室 WF Archives1942-5」

| | コメント (0)

« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »