2012年10月30日 (火)

音楽の愉しみ(その1)

 本日のテーマは、カテゴリー名そのままの「音楽の愉しみ」。

 音楽の愉しみ方と言えば、コンサートに出かけたり、レコードやCD、最近ではDVDやネット配信等で演奏記録を映像付きで鑑賞する、というのが一般的なのだろう。あるいは楽器ができる人なら、自分で演奏してみるとか。僕の場合も、もちろんそれらが基本であるのは間違いないのだが、とかくクラシック音楽となると、演奏会場に出かけていったり(割と高価、時間制約あり)、再生機器や楽器(こちらも結構、高価)を購入したりと、投資と手間がかかるものである。そうではない、もっと気軽な、毎日の生活の中でできる愉しみ方だってたくさんある、というのが、今回のお話。

「毎日クラシック流・音楽の愉しみ 1」楽章冒頭の音程当て
 これは音楽を聴いているとき、次の楽章の冒頭の音程を当てる「ひとりクイズ」である。交響曲やソナタなど多楽章形式の曲で、ある楽章が終わり次の楽章が始まるまでのインターバル間に、冒頭のテーマを頭に中で鳴らしてみる。それだけのことなのだが、流れてきた音と頭の中の音とがぴったりと合ったときは、結構、快感である。またこれは、なれてくると誰でも正答率が高くなると思われる。というのもクラシック音楽、特に古典派の音楽では、各楽章の調性選択には一定のルールがあり、基本的には前楽章の終了の和音から次の楽章のテーマが導き出されるようにできているからである。ちなみにベートーヴェン以降はそうしたルールを基本に、それをいかに踏み外していくかが、作曲家の手腕になっているのだが。

「毎日クラシック流・音楽の愉しみ 2」テーマ曲等の音程当て
 その1の応用編で、今度はラジオやテレビで流れてくるテーマ曲の冒頭の音程を当てるというもの。例えば、平日午後7時30分から NHK・FM の「ベストオブクラシック」を聴くとしよう。「7時のニュース」が終わりこの番組のテーマが流れ出るまでの一瞬の無音時間中に、テーマ曲の音程を想像してみる(この曲はオリジナルで、北爪道夫氏の作曲らしい)。NHK の「きょうの料理」のテーマ曲とか(これはなんと冨田勲氏作曲)、同じく NHK の野球中継のテーマ曲(古関裕而氏作曲)など、有名テーマは皆さんたいてい憶えていると思うので、ラジオやテレビを見ているときなら、いつでも手軽に楽しめる。ただしこれには前楽章とのつながりがない分、ちょっと難易度はあがるかもしれない。でも絶対音感のない僕の場合でも、上記の「ベストオブクラシック」の冒頭は、最近、ほぼ当てられるようになってきた。というより絶対音感のある方は、残念ながら愉しみ1・2の音程当ては、まったく愉しめないと言うべきか。これはかわいそう・・・笑

「毎日クラシック流・音楽の愉しみ 3」交響曲等の主題当て
 これは厳密には僕のオリジナルではないが、やはり「ひとりクイズ」もの。もう20年以上前の話になるが中日新聞(東京新聞)のコラム記事で、ある音楽専門ではない大学教授の方が書かれていたものである。この方(残念ながらお名前は失念)は、新幹線などで出張する際に、好きな曲のミニスコアを持参し、それを読みながら好きなテンポで曲を脳内再生して愉しんでいるとのこと。これはある意味、ちょっとマニア向けの話なのだが、そのあとに、スコアが手元にないときには、交響曲等の楽章ごとのテーマ(第1主題、第2主題等)を思い出していく「遊び」をしていると書かれてあった。このコラムで例に挙げられていたのは、ベートーヴェンの交響曲全集。実際にやってみると、なかなか難しい。第3番、第5番、第9番あたりは比較的に簡単に思い出せるかもしれないが、第1番とか第2番あたりになると第2楽章やスケルッツオの第2テーマあたりは即答できなくて、「うん?」という感じになる。僕の場合も、曲頭から順に鳴らしていかないと出てこない楽章がある。これはブラームスの4つの交響曲や、モーツァルトのウィーン時代の交響曲あたりでも十分愉しめるクイズだし、マーラーやブルックナーになればもっと難易度があがり、上級者だって手こずるはずだ。しかもまさにいつでもどこででもできるので、音楽ファンが待ち時間をつぶすには最適だろう。皆さんも一度、チャレンジしてみては。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月21日 (水)

フルトヴェングラーもカラヤンも

 やや旧聞に属する話だが「モーストリー・クラシック(産経新聞社)」という雑誌の10月号で、音楽評論家等による指揮者の格付け投票があった。僕自身は、名盤ベスト3とか何とかベスト10とかいったこの種の投票に以前ほど興味は持てないので正直どちらでもいいようなものだが、それでもここでカラヤンがフルトヴェングラーを抑え1位になっていたのには、さすがに少しばかり驚いた。当の関係者たちでさえ戸惑っている様子が、いくつかの記事から十分読み取れる。これが読者(&書き手)年齢の高い「レコード芸術」になると、まだまだフルトヴェングラーに分があると思われるが、それでも万年1位と思われていたフルトヴェングラーがついに2位になったことには、昭和派の僕としても感慨深いものがある。

 ちなみにフルトヴェングラーといえば、今月、楽しみに待っていた吉田秀和氏のフルトヴェングラー評を集めた編集本『フルトヴェングラー』が河出文庫から出た。この本にも書かれているが、吉田氏は1953年から54年にかけて、ヨーロッパで最晩年のフルトヴェングラーを何回か聞いていて、彼の演奏実践の様子を知るには非常に参考になる。が、近年では、評論家の皆さんもほとんど戦後生まれであり、フルトヴェングラーの実演を聞いた人の発言に触れることがなくなっていることを考えれば、先の投票結果はまあ当然といえば当然のなりゆきなのかもしれない。その順位づけや優劣は別にしても、これからスクラッチノイズと伝説の奥から、霧が晴れるように彼の音楽の裸像が立ち現れてくる時代にようやくなるような気がする。

 その逆に、現役時代こそ毀誉褒貶定まらなかったカラヤンの方も、ようやく冷静にその音楽を聴ける環境が整ってきたとも言えないか? 実際、今世紀になって再発売された70年代のチャイコフスキー交響曲集第5番・第6番(蘭Disky)など爆発的に売れたという。現在の指揮者界が巨匠不在、スター不在のせいもあるけれど、「意外にいけるんじゃ?カラヤン」というのが、今の若い人たちの感覚なのだろう。

 「フルトヴェングラーかカラヤンか」

 20世紀を代表するこの二人の指揮者は、一見、まったく対照的な生き方や音楽性ゆえに、いつも「あれかこれか」という二者択一の選択の対象にあったように思う。『フルトヴェングラーかカラヤンか』という直接的なタイトルの本だって2冊もあるくらい。評論家やマスコミがそのような比較記事を書き散らした結果、それぞれのファンも巻き込んで「カラヤンには精神性が欠けている」「フルトヴェングラーなんてもう古い」などと互いに言い合っていた時代があった。でも、今になってみれば、フルトヴェングラーの演奏すべてがすばらしくてカラヤンはすべてダメとか、あるいはその反対とかいう考えの方が明らかにおかしい。僕自身のことを顧みても、カラヤンの「こうもり」を楽しみながら、「バイロイトの第九」も聴くという風に、その時々に応じ、自由に二人の天才の作り出す音楽に魅せられてきた。結局のところ、音楽の豊かさの前では、「フルトヴェングラーかカラヤンか」の一方を選び、一方を捨てるなどという選択肢は、元々ないに等しいのだ。だから僕が書くとしたら、きっとこんなタイトルの本になるしかない。

 「フルトヴェングラーもカラヤンも」!

※さっき、「名盤ベスト3」等に興味がないようなことを書いておいて、すぐにこれじゃどうかと思うけれど(笑)、参考までに・・・
僕のフルトヴェングラー・ベスト3は
1 シューベルトの『グレート』(DG)
2 モーツァルトの40番(EMI)
3 ブルックナーの9番
カラヤンのベスト3は
1 『トリスタン』(EMI)
2 マーラーの9番(Live)
3 ヴェルディのオペラ、『ファルスタッフ』(DVD)か『ドン・カルロ』(EMI)

| | コメント (0)

2011年7月31日 (日)

ベートーヴェン第二交響曲の編曲版

 先週末、1時間足らずだが空き時間があったので、久しぶりに地元では大手の書店に入った。文庫の棚の前をうろうろしているうちに、ふと店内のBGMが耳に入ってきた。ピアノと弦楽での演奏で、しかもとても聴きなじみのある曲である。にもかかわらず一瞬、曲名が出てこない。古典派のスケルッツオぽい音楽なのだがとしばし考えていると、音楽が次のアレグロ楽章に移り・・・ここで、ようやく「わかった!」

 ベートーヴェンの交響曲第2番ニ長調。「火を吐くような」とよく形容される決然とした開始部を持つ音楽。当時としては、最大の規模を誇る長大な終楽章だ。気がついてみれば何のこともないが、田舎の書店のBGMにこうした編曲もの、しかもいかにもマニアックな曲がかかるなんて思ってもいないし、意表をつかれた感じだ。誰が選曲しているのだろうか?とレジのあたりを見渡すのだが、当然のことながらアルバイトらしき女の子しかいない。まあ、一般的には有線放送の可能性が高いのだろうが、ちょっと得をした気分で店を出た。

 帰って調べてみると、なんとこれはベートーヴェンのオリジナル編曲らしい。ナクソスにも数枚このバージョンの演奏があるので全曲を聴いてみた。ゆったりとした序奏からアレグロに入るあたりもとても自然で、こちらがオリジナルだと言われてもまったく違和感のないできだ。特に終楽章はいくつかの演奏を聴きくらべたりして十分、堪能した。

 ちなみにまたまた個人的な話だが、筆者は少し前にモーツァルトのリンツ交響曲を、モーツァルトの弟子フンメルがピアノ、フルート、ヴァイオリン、チェロの四重奏に編曲したバージョンのCD(Boston Skyline, BSD144)を中古で手に入れ聴いたばかり(ワールド・プレミエ・レコーディングズとCDにはある)。こうした編曲版にはちょっとおもしろい裏話があって、フンメルがモーツァルトの後期交響曲6曲をピアノ(と室内楽)用に編曲した楽譜にはメトロノーム表示があるのである。当然のことながら、モーツァルトのオリジナルにはメトロノーム表示はない。当時、モーツァルトの「アダージョ」や「プレスト」が一体どれくらいの速さで演奏されていたかは、今の我々は様々な間接資料からしか想像するしかないのだが、「フンメルはモーツァルトの音楽と、そこから生じた伝統に対して、我々がもっていないような種類のアクセスをもっていたのであるから、彼の記したテンポを十分に検討せずに無視するわけにはいかない。」というのが、モーツァルト研究の大家ニール・ザスラウ氏の見解だ(『モーツァルトのシンフォニー II 』小学館・刊)。こうした点からいっても、編曲ものだといって軽視はできない、やはりそれなりの聴きどころというものがある。近頃は、そういうことを思わないではいられない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)