2016年3月15日 (火)

モーツァルト・アラカルト3

 先週(3月9日)、アカデミア・ミュージックからのメール・ニュースで、モーツァルトの交響曲第38番 K.504の自筆譜ファクシミリが出版されたということを知った。

https://www.academia-music.com/academia/m.php/20160309-7

 3万円ちょっとという価格は、この種のものとしては良心的な方。さっそく注文を出しておいたところ、初回入荷分に間に合ったのか、週末にはもう実物が宅急便で届いた。新モーツァルト全集の編纂時には自筆譜が行方不明であり、結果、

「確実に自筆譜までさかのぼっている第2次資料としては,《旧モーツァルト全集》とならんで,テオドール・クロイヤーによって,1931年に出されたオイレンブルク版の校訂版(出版番号446)がただひとつ存在する(資料A)。(ラースロ・ショムハイ、新モーツァルト全集の前文から)

Image

という状態であった。その後、1980年にポーランドのクラクフ・ヤギェウォ図書館で自筆譜が再発見され、2001年にはブライトコプフ新版としてこの自筆譜に基づいた新しい校訂版の楽譜が出た(クリフ・アイゼン校訂)。一方、2003年には遅ればせながら新モーツァルト全集の校訂報告書(シリーズ4:オーケストラ作品、ワークグループ11「SINFONIEN・BAND8」 K.425、K.504の巻)が出版され、その巻に自筆譜の異同および既発の楽譜版の訂正リストが掲載された。今、出版されている紺色の表紙のスコアは、この訂正リストを反映した新版と言えるものになっている(我が国で国内版として出されているベーレンライター版=音楽の友社・刊や、新モーツァルト全集オンラインで公開されている版は、訂正前の版なので注意が必要)。

 で、自筆譜の再発見により具体的にどの部分が変わってきたかだが、スラーやスタッカート、強弱記号の異同が主であり、音符自体が変わっているという部分は、そう多くはない。詳しくは別項に譲りたいが、例えば私が気づいた主な音符の異同部分は以下のとおり。【楽章】小節数の後は(オイレンブルク版1931年版/新モーツァルト全集1971年版/自筆譜ファクシミリ)の順に異同が記してある。

【第1楽章】
1)第14小節 第2ヴァイオリン(音符なし/第1ヴァイオリンと同じ/音符なし)
2)第69小節 第1フルート・第1音(cis'''/a''/cis''')
3)第142小節 第1フルート・第1音(a''/cis'''/a'')
4)第220小節 第1,2ホルン・第1音(4分音符+4分休符/2分音符/4分音符+4分休符)
【第2楽章】
5)第85小節 第2ヴァイオリン・第2音(d''/d''/d')※ここはd"ともとれる書き方がされている
6)第93小節 第1,2ホルン・第4音につけられた前打音(あり/あり/なし)
7)第120小節 第1オーボエ・第1音(a''/fis''/a'')※前小節から続くタイをとってスラーに
【第3楽章】
8)第291小節 第2ホルン・第1音(c'/a/c')※前小節から続くタイをとる

<例>第69-71小節 第1,2フルート

169

 これらの部分だけで言えば、オイレンブルク版に準拠したという新モーツァルト全集1971年版より、自筆譜の方が前者に近いという興味深い結果となっている※。また、ほかに自筆譜の記述が、最新のベーレンライター版(紺表紙)にも反映されていないものもあり、このあたりの事情はかなり複雑だ(例えば、第4楽章の第252小節目のファゴット、あるいは上記8)の第1ホルン)。それらの異同を対照する意味からも、今回の出版は大いに歓迎したい。

 以下、こちらも自筆譜からみの新譜から。前回、ピアノ・ソナタイ長調 K.331「トルコ行進曲付き」の自筆譜(部分)が発見されたという話題を紹介したが、その発見された自筆譜に基づく新たな演奏が発売される。なんと今回の演奏も日本人。アムステルダム音楽院でスタンリー・ホッホランドにフォルテピアノを師事した江黒真弓さんのデビュー・アルバムで、1800年アントン・ツィーラー製作のオリジナル楽器で演奏しているという。キング・インターナショナルから3月末の発売予定なので、また入手次第、報告したい。

※自筆譜が発見されて新モーツァルト全集の校訂報告がそれによりアップデートしたのは良かったのだが、結果、校訂報告書は自筆譜の異同のみ言及されて、当初(やむを得ずながら)参照されていた当時のパート譜(Bグラーツ、Cモデナ、Dドナウエッシンゲン)の異同が記載されなくなってしまった。これは校訂報告としてどうだろう。新モーツァルト全集1971年版がオイレンブルク版から楽譜を変えた根拠がこれらの筆写譜にあったのかも知れないのだが、当然、それも明記されないままになってしまっている。無論、自筆譜は大事だが、当時の筆写譜の情報は時に自筆譜に勝ることも忘れないでほしい。例えばモーツァルトがプラハでこのシンフォニーを演奏した時などに、パート譜に変更を施した、かもしれないのだから。確かにブライトコプフ新版の校訂者クリフ・アイゼンも、これら筆写譜にはモーツァルトに由来する物は何もないと切り捨てるが、それはあくまで批判版楽譜の編纂者としての意見である。作曲家全集の校訂報告としては、別の立場に立つべきだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月24日 (水)

今年もあと1週間(2014年まとめ)

 今年もあと1週間。レコード・アカデミー賞も発表されたことだし(?)、個人的に印象に残ったディスクや演奏を記録しておこうと思う。

 今年はモーツァルトの三大交響曲が当たり年で、アーノンクールやブリュッヘンの再録音はさすがに聴き応え十分。ラトル/BPOのライヴ映像もおもしろかった。しかし、今年一番良く聴いたのは、昨年の12月25日に出たアダム・フィッシャー/デンマーク国立室内管弦楽団の『モーツァルト:交響曲全集』(45曲入り)かも知れない。ハイドンの交響曲全集の頃とは一皮も二皮もむけた印象で、ピリオド・アプローチの究極を行っている。特に、第24番や第28番などウィーン移住以前のザルツブルク時代の作品がすばらしい。初めて聴く全集というより、これらの作品をよく知っている人の方が、ずっとおもしろく聴けるとは思うが。

 今年も大物のボックスセットがたくさん出たが、新譜の中からは、各社から申し合わせたように出たリヒテルのレーベル別録音全集や、ピリスの『DGソロ・レコーディング全集』など、ピアノものをよく買った。なかでもポリーニの『ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集』が、39年もの年月をかけ遂に完結した年として記憶されよう。私たちの世代にとっては、「夢のひとつがかなった」といってもいいくらいの事件。オペラのボックスものでは、『ロイヤル・オペラ グレート・パフォーマンス1955~97』12のオペラ全曲(32CD)がありがたかった。ショルティの『ドン・ジョヴァンニ』、ジュリーニの『ドン・カルロス』、グッドールの『パルシファル』など、以前から気になっていたライヴ録音を、6千円弱で揃えることができた。

 NHKのFM放送で聴いた中では、8月初めに放送されたアルテミス弦楽四重奏団のライヴが出色。県内出張からの帰りでちょうど運転中だったのだが、近年、聴いたことのないくらい衝撃的な演奏に、思わず車を量販店の駐車場に停めて、最後まで聴いてしまったくらい。メンデルスゾーンの第6番ヘ短調もすごかったが、シューベルトの遺作・第15番ト長調は、曲も、演奏も、またひときわ高みに達している。ただし実際の演奏は、2012年スイスでの録音。

 中古盤で最も掘り出し物だったのは、ラインスドルフ指揮の『トリスタンとイゾルデ』。3種あるもののうち、1940年のもの(MUSIC&ARTS CD647)だけが未収集であった。先年、オークションで見つけて、誰も買わないだろうと油断していたら、最後の最後でほかの方が落札してしまった。Guild Historicalから出ているのは、1940年と41年の合成盤だし、Walhallが2年前に出したのは1941年の方。というわけで、その後もずっと探していたのだが、今年の春、お茶ノ水のディスク・ユニオンで千円台と安価なものを見つけ、ようやくゲット。メルヒオールとフラグスタートというゴールデン・コンビによる記録。

 最後は、来年買いたいディスクについて。今月末に出るカルロス・クライバー&フィレンツェ五月祭『椿姫』全曲は、もう予約済み。秋に出た『ファルスタッフ』に続くクライバーが振るオペラの新盤。タワーレコードから復刻されたルドルフ・ゼルキン『モーツァルト:ピアノ協奏曲第12、14、17、19、20&27番&2台のピアノのための協奏曲』もたぶん買ってしまうだろう。1960年代のステレオ録音。本当は吉田秀和氏が「かけがえのないモーツァルトのレコード」としてあげた、A・シュナイダー指揮のモノラル盤のK.595が聴きたいのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 2日 (水)

隔週刊クライバー?

 地元の中古CD店「フラミンゴ・レコーズ」で、東京「だるまや」の委託セールをやっていたので覗いてきた。クラシックはそう多くなかったが、今回はその中から武満徹の『クロッシング』の入ったCD(『スペース・シアター EXPO'70 鉄鋼館の記録』と題したRCA盤をタワーレコードが復刻した)と、カルロス・クライバーの公式デビュー盤『魔弾の射手』を買ってきた。実は後者の盤を買ったことで、小クライバーの録音はプライベート盤を除けば、すべて手に入れたことになる。最後の盤が、デビュー盤だったとはちょっと自分でも意外な展開だが、公式盤だからいつでも手に入るとたかをくくっていたせいもある。序曲から少し先まで聴いてみたが、はじけるようなリズム感が若きクライバーのありあまる天分を彷彿させるような演奏だ。オークションで手頃なLPが出たら、買おうかなあ。

 ところで、ついさっきテレビのCMに、突然、エレーナ・オブラスツォワらしき女性の顔がアップで映り、そこに『カルメン』の音楽が! 何事か?と見ていると、やがて一瞬なんとクライバーの指揮姿まで出た。実はこれは「週刊○○」のシリーズで有名なデアゴスティーニが、この9月から売り出した「隔週刊DVDオペラ・コレクション(全65巻)」のコマーシャル。なんとその第1巻がクライバー指揮/ゼッフィレッリ演出の『カルメン』なのだそうだ。予想されることながら「創刊号特別価格:990円」! 同じ演奏をすでに2つのバージョンで持っている僕も、思わず書店で手に取ってしまいそうな価格だ。いや、見つけたら、多分買うだろう(笑)。その意味では、創刊号にクライバー、しかも『カルメン』を選んだデアゴスティーニの担当者は、かなりの知恵者だろう。付録の解説本には多分どこかから切り貼りしてきたようなありきたりの説明が載っているだろうから、そう多くは期待できないけれど、それは元々そういう商品なのだ。同種のDVDブックがフルカラーの解説書付きで3千円台後半の価格設定であることを考えると、中身のDVD優先で安価なこのスタイルの方がアドヴァンテージは高い(ちなみに第2号以降は、1990円)。それにこの創刊号のあともショルティー/ゲオルギューの『椿姫』、レヴァイン/グルベローヴァの『魔笛』など、定評のある演奏がクレジットされている上、全65巻ならかなりのマイナー作品までカバーしているだろう。もちろん外盤でよければ同価格帯のDVDもあるけれど、それらには大抵日本語字幕はない。つまりマイナー・オペラが字幕付きで買えることの方が、むしろありがたいかもしれない。それにしても・・・と僕は思う。クライバーの演奏がデアゴスティーニで買えるなんて・・・喜んでいいやら悲しんでいいやら、ちょっと複雑な気分の水曜日の夜だなあ。

追伸 いや、実は第10号の演目は『こうもり』で、解説本の「世界のオペラ・ハウス」の項目は、ミュンヘンのバイエルン国立歌劇場であることがわかっている。となると、はっきり書いてはないけれど、これはクライバーの演奏である可能性が高いのだ。えーい!こうなったらもう『薔薇の騎士』の号も、絶対クライバーにして(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月31日 (日)

来年(こそ)買いたいCD

 年末のおおそうじにあわせ、部屋の隅に床置きしていたCDをようやく棚にかたづけた(棚からは、VHSのビデオテープ!を出し、屋根裏部屋にあげた)。CDも、本も、たまると、おそろしいものである。ならば買わなければよいようなものだが、それができたら苦労はない。というわけで・・・整理もついたことでもあるし、さっそく新年に買いたいCDを考えてみた(笑)。

その1 シューベルト ピアノ・ソナタ全集

 これまでシューベルトのピアノ・ソナタは、後期の作や「さすらい人幻想曲」ばかり聴いてきた。先日、たまたま第14番イ短調、それから18番ト長調のソナタを聴いたけれど、これがなかなか気に入ってしばらくはこればかり聴いていた。例えば、ト長調ソナタの第3楽章メヌエットのトリオなど、こんなにナイーブで美しい音楽を書けた作曲家は、シューベルトのほかに誰がいただろうか。このほかにも、どこかなつかしい、心にまといつくような旋律があちこちにちりばめられており、それを聴いている間はどこか夢の中にいるような浮遊感さえ感じさせる音楽になっている。今年はぜひ、全集を手に入れて他の作品も聴いてみたいと思うのだが、シューベルトのピアノ・ソナタ全集といってもそんなに選択肢があるわけではなさそうだ。定評あるブレンデルや内田光子の選集でも十分と思うけれど、若書きのものも入れるとなると、ちょっと昔の定番であるケンプの全集か、VOXのワルター・クリーンのものあたりになるのだろうか。まあ、じっくり考えてみよう。

その2 ヴェーグ指揮『モーツァルト セレナーデ&ディヴェルティメント集』

 演奏は、ザルツブルク・カメラータ・アカデミカ。10枚組ながら、4000円弱で買える(Capriccioレーベル)。シャンドール・ヴェーグと言えば、かつてはヴェーグ弦楽四重奏団を主宰していた名ヴァイオリニスト。晩年は指揮に力を入れ、そのCDは、ペーター・マーク等と並んでモーツァルトの権威として高い評価を得ている。ちなみにHMVの解説には、「モダン楽器小編成オーケストラによる自発性豊かでキビキビしたアンサンブルが心地よいボックス・セット。なお、K.137は、ヴェーグの考えにより、実演と同じく、第1楽章と第2楽章を入れ替え、同時期の他のディヴェルティメントと同じ急緩急構成としています。」とある。同じページの読者掲示板では、「編集ミス説を支持」という方もいて、これは果たしてどっちなのだろう。いずれにせよ、これまでモーツァルトの作品群の中でもオペラや協奏曲等に較べ、それほど脚光を浴びにくかったこのジャンルにあって、このようなベストセラー盤が生まれたのは珍しいことと言えそうだ。ぜひ、手に入れたいセットのひとつだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)